投稿タイトル上

会社に違和感を覚える

初めての職場で入社した直後は気付かなかったのですが、勤務内容がおかしいと感じるところがいくつか出てきました。

同年代とは周回遅れになりましたが、遂に面接に受かり社会人としてスタートする事ができました。

まずは残業時間。
サーバの管理を任される事になったのですが、サーバというのは基本的に24時間365日稼動しています。
通常は3交代制などにして、担当者が常に管理する体制になっているのですが、私の任された案件は多重請負の案件で経費が中抜きされており人件費が捻出できない為、管理は私一人で対応する事になっていました。
定時は9~18時なのですが、残業が当たり前のようにあり、始発・終電での通勤であったり、帰社できない場合は会社に泊まることも多々ありました。
休日に障害が発生した時は出勤して障害対応に当たっていました。
残業時間は月200時間ほどになっており、繁忙期では月350時間を越えることもありました。
今となっては異常な事であると分かるのですが、将棋の順位戦記録係をしていた時に終電・始発帰りがよくありましたので当時はこれが普通の働き方と思い込んでいました。
残業代・昇給・退職金がなかった事も不満な点でした。
残業についての会社の方針として、仕事を正確に進めれば定時で帰る事ができ、残業するのは仕事が遅い証拠、ということで残業代は一切つきませんでした。
当然、納得いく人は少なく、辞めていく人が多かったです。
私も不満はあったのですが、初めて勤めた会社を短期間で退職した場合、履歴書の経歴欄が入社即退職となり、かなり悪い印象になりますので新しい就職先を探すことが難しくなると思い、この会社に留まり技術力を付けた後に転職活動をしようと決めました。

私のような事にならないよう、就職活動を控えた皆様は企業情報を入念にチェックし納得した上で入社するようにしてください。

後悔先に立たず
The following two tabs change content below.
habuparov
会社での出世を目指し、毎日奔走しながら働く地方住まいのサラリーマン。仕事のことから趣味の将棋のことまで気まぐれに書いています。

下をクリックして応援いただけると幸いです。宜しくお願い致します。。

本文2
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク