投稿タイトル上

転職の準備を始める

前回投稿の続きです。

初めての職場で入社した直後は気付かなかったのですが、勤務内容がおかしいと感じるところがいくつか出てきました。 ...

先輩社員の方の後を継ぎ、サーバ管理の仕事をすることになったのですが、エラーが発生する度に自分の携帯電話にメールや電話が鳴り、平日・休日どこに居ても会社へ行き障害対応する日が続きました。
自分の知らない障害が出る時もあり、その度に過去の障害対応履歴を調べ、対応して復旧しておりました。
引継いで半年程は障害が起こる度に、障害を復旧できずにその会社から損害賠償請求させられるのではないかと考えてしまい、恐怖で毎日無我夢中で業務に当たっておりました。
年末年始などの長期連休も関係なく出勤する日もありました。
また、障害が発生した時にすぐに対応しなければならないと思い、旅行など遠出はしておりませんでした。
この間に何人か私の部署に異動してきた人がいましたが、辞めていく人が絶えず、次第に私の部署への異動の打診を受けても断る人ばかりになっておりました。
会社の状況を見ると応援を期待できる状況ではなさそうで、自分で業務を改善していかなければいけないと感じました。

無我夢中で対応する日が続き、経験を重ねていくに連れ、障害が発生しても自分が出勤することなくパソコンを使って自動で対応できる方法が分かってきました。

対応方法が分かると障害の発生原因も特定することができ、障害そのものを抑えることもできるようになってきました。
しばらくすると、サーバの稼働が安定していき、定時で退社できる日が増えてきました。

この頃、自分の技術力が上がっているのを感じ、社会人として一つ壁を乗り越えれた感覚がありました。
障害発生件数も減少傾向になり、業務時間内は暇を持て余すようになってきました。
このまま、この職場でもやっていけそうかと思ってきたのですが、客観的に見て、この会社に居ても将来性が無く、自分の社会人としての成長も無いと思い、転職の準備を始めることにしました。

転職活動に入ろうと思ったのですが、いざ始めようとしても何をしていいか分かりませんでしたので、まずは情報収集を始めることにしました。
転職サイトを見て回ると、転職する目的によって取るべき手段が変わることが分かりました。
キャリアアップして年収を上げたい、今の職種が嫌で他業種に行きたい、など…。
私の場合は、今の少ない給与を平均水準にまで上げる事と、昇給・退職金ありで残業代がしっかり支給される会社への転職と決めました。
目的がはっきりしたところで、転職サイトで給与アップした人の情報を見ると事にしました。
いろいろ見て回ったところ、職務経歴書に人より優れた業務を行ってきたか、難関資格を取得しているか、など人より優れた部分をいかに多く書けるかが重要と記載されていました。
自分の担当している業務内容が簡単な事か難しい事が分かりませんでしたので、とりあえず難関資格を取っていこうと決めました。
この頃、暇になる日が多かったので、日中はずっと資格の勉強をしていました。
勉強に集中でき、半年で10個の資格を取る事ができました。
職務経歴書の職務内容・資格欄もいい感じに埋まってきたので、本格的に転職活動に入ろうと決めました。

失敗も前進する過程のひとつ
The following two tabs change content below.
habuparov
会社での出世を目指し、毎日奔走しながら働く地方住まいのサラリーマン。仕事のことから趣味の将棋のことまで気まぐれに書いています。

下をクリックして応援いただけると幸いです。宜しくお願い致します。。

本文2
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク