投稿タイトル上

菅井七段が稲葉八段に競り勝ち3勝1敗に 王位戦挑戦者決定リーグ紅組

今週、第60期王位戦挑決リーグ紅組 ▲菅井竜也七段vs△稲葉陽八段の同門対決がありました。

戦型は菅井七段の先手で中飛車対居飛車の戦いとなりましたが、菅井七段の捌き方・終盤の戦い方が大変勉強になりましたのでご紹介させていただきます。

図は後手が△4五同銀と歩を取ったところ。
△6五桂と角金両取りが見えているので、先手はどう応対すればいいか悩む局面。

本譜は上図から
▲7五歩△6五桂▲同銀△同銀▲9五角△8四銀▲7七角(第2図)

先手の菅井七段は悠然と▲7五歩と指しました。
後手は7筋の攻めをかわしつつ桂馬を捌く自然な手で応対しますが▲9五角と出られた局面では7三角成を防がなくてはいけなくなりました。
後手陣は金銀が盛り上がり相手の飛車角を抑え込みにいっていますが、先手の飛車角に成り込まれると金銀が守りに効かなくなるため分の悪い戦況になります。
角の侵入を防がなければなりませんが、△6二銀や△6四銀は▲6六歩△7六銀▲7四歩とされ守りきれなくなるので△8四銀と角に当てつつ侵入を阻止します。
後手は攻めにも守りにも効きにくいところに銀を打たされたので、この数手の応酬は先手にポイントが入りました。

ここから先手ペースで手が進み、以下の局面に進みます。

ここでは後手陣の金銀が守りに機能しておらず、8六銀が活用しにくいため先手有利になっています。
ここからの捌き方が振飛車党必見の大変参考になる捌きでした。
▲8三歩△同飛▲4四角!△4八歩▲3九金△9五銀▲7七桂△4四金▲同歩△8九飛成▲6五桂(第3図)

▲4四角とした手が好手。
後手は2二角が玉の退路を狭めているので先手はこの角を動かさないように攻めることが重要です。
▲3三角成とすると△同角と手順に退路が広がってしまいますので、本譜のように▲4四角として相手に取ってもらう方が先手は都合が良いのです。
後手は飛車を活用させるため△9五銀として飛車の侵入口を作りますが、▲7七桂とした手が振飛車党必見の味の良い一着。
△7六銀と銀を逃げると▲5五歩とされ後手陣は決壊するので、後手は銀を逃げることができません。
振飛車は左側の桂馬が動かないまま終わることがあるのですが、本譜は綺麗に捌くことができています。
ここから先手陣を守りつつ後手玉へ迫る手順も勉強になります。

第3図から△3一角▲4三銀△同銀▲同歩成△同玉▲4五金△7五角▲6六銀△6四角▲5四金!△3二玉▲6四金△4六銀▲5三桂成(第4図)

左桂が5三まで跳躍。振り飛車の理想的な捌き。

後手は2二角が働いていない上に玉の退路を狭めているため△3一角として活用を図ります。
先手は▲4五金として圧力をかけますが、この手は展開によっては▲4七飛と活用することも見込んでいます。
後手は角を活用させるため△7五角としますが先手は▲6六銀とはじきます。
後手陣は玉形が安定していないので大駒を渡すことができないため角を逃げるしかありませんが△3一角だと▲4七飛とされますので、△6四角として▲4七飛には△4六歩と守れるようにします。
角を活用し上手く守ったように見えますが・・・
▲5四金が鮮烈な1手。△同玉は▲4四金で詰みますので後手は逃げるしかありません。
△3二玉▲6四金とされ次に▲4七飛とされると後手陣が持たないため、後手は△4六銀として▲4七飛を防ぎつつ飛車取りで懸命な粘りをみせます。

第4図から数手進み以下の局面。

先手優勢ですが後手玉に迫るには▲4二金~▲4一金~▲3一金といった手順になるため、詰ますには数手かかります。
先手陣は飛車を取られる形になっているので、先手が明快に勝つのは難しそうですが・・・
ここからの菅井七段の指し回しが見事でした。
▲4九歩!△同歩成▲同銀!△4八歩▲同銀△4七歩▲同銀△5七銀成▲同銀△7八飛▲4八歩△7九飛成▲3八金打△1五歩▲4二金(第5図)

先手陣は後手に駒を多く渡すと、5七飛車を取られてから△3九竜~△5九飛の手順で頓死する可能性があります。
菅井七段の指した▲4九歩~▲同銀とした手が美濃囲い独特の守り方。
これで上記の手順による頓死の心配がなくなりました。
△7八飛に代えて△7九飛は▲4九歩と底歩を打たれますので、後手は△7八飛▲4八歩の交換を入れてから△7九飛成としますが、がっちり▲3八金打と守られて後手はこれ以上攻め込むことができません。
気が付けば先手陣は鉄壁になり、遅い攻めでも間に合うようになっています。
△1五歩として玉の懐を広げつつ端攻めを見せますが、先手は待望の▲4二金で攻めを間に合わすことができました。

以下は先手が着実に攻め込み、菅井七段の勝ちとなりました。

8九の桂馬が3一まで進む大出世

本局は振飛車らしい捌きが見られた菅井七段の快勝譜でした。
特に左桂の捌き方が絶品でした。
また不安定になっていた美濃囲いの復旧のさせ方も大変勉強になりますので、振飛車党の方は是非本局の棋譜を並べていただければと思います。

以上、最後までお読みいただき有難うございました。

The following two tabs change content below.
habuparov
会社での出世を目指し、毎日奔走しながら働く地方住まいのサラリーマン。仕事のことから趣味の将棋のことまで気まぐれに書いています。

下をクリックして応援いただけると幸いです。宜しくお願い致します。。

本文2
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク