投稿タイトル上

叡王戦 永瀬七段がストレートで初タイトル獲得

5月11日(土)に第4期叡王戦第4局 ▲高見泰地叡王vs△永瀬拓矢七段の対局が行われました。

戦型は高見叡王の先手で横歩取りとなりました。

図は▲5六角と打ち△4七飛成を防ぎつつ▲2三角成を狙った局面。
第1図以下△2四飛▲同飛△同銀▲4一飛△5一飛▲同飛成△同金▲2二歩△同金▲3一飛△4二角▲3四飛成△3三金▲8四竜△3二金(第2図)と進行。

先手が攻め続けますが、後手の受けが的確で先手は飛車と角を手放した割には大した戦果が上がっていません。
第2図の局面、後手には△6一金や1筋の歩を伸ばして△1六歩▲同歩△1八歩▲同香△1九飛といった指したい手が多くあり、先手は膠着状態が続くと不利になります。
先手はここで▲8三角成△同銀▲同竜と攻め込みたいところですが、△8二飛と受け止められ攻め切ることはできません。

本譜は第2図から▲9六歩△6一金▲9五歩△8三歩▲3四竜△3三銀▲2五竜△2四飛▲同竜△同銀▲4一飛△3一金▲同飛成△同角▲3二金(第3図)

先手は9筋の歩を伸ばし▲9四歩~▲9二歩の攻め筋を見せますが、△8三歩と角道を遮られ先手の攻めを止められます。
▲同角成は△同銀▲同竜に△7二金と上がって受け止めることが可能です。
先手は竜を逃げますが△2四飛とされ、先手の主張であった竜を消さる形になり、先手としては積極的に動いた割には戦果に乏しく面白くない展開になりました。
先手はさらに踏み込み、▲3二金として部分的には角取りが確定しましたが・・・

第3図から△2八歩▲同銀△2六飛▲2七歩△3六飛▲3一金△同飛(第4図)と進行。

第4図の局面、駒割は互角ですが玉形や右辺の駒の働きの差で先手が勝ちづらいように感じます。

第4図から▲2三角成△3三銀▲3四歩△2二歩▲3三馬△同桂▲4二角△4一金▲5三角成△8二玉▲3一馬△同金▲3三歩成△5五角(第5図)と進行。

先手はさらに激しく攻め立てますが、図まで進んでみると後手は手順に8二玉と入城でき、右辺の飛桂も捌けましたので、ここでははっきり後手が良くなりました。
ここまで先手は積極的に動きましたが後手の対応が的確で永瀬七段の受けの強さが光っています。

本譜はここから▲5三桂△7一金▲5一飛△5六歩▲同歩△2八角成▲3一飛成△3五角▲7七玉△4四角(第6図)と進行。

途中△5六歩と細かく利かした手が参考になる手筋。
玉のこびんを開けることで、後の△3五角が王手桂取りになります。
後手はここまで上手く立ち回っていましたが、△2八角成とした手が疑問手で形勢が接近しました。
右辺の駒は働いていない駒なので、この局面においては右辺の駒を取る価値はありませんでした。
後手は△9九角成として左辺から攻める展開が優れました。
第6図、先手は形勢を挽回できるチャンスが訪れていました。

本譜は▲6六銀△5三角▲1一竜△2九馬▲8八玉△1九馬▲4三と△1七角成▲5五香△8四桂(第7図)と進行。

本譜は△4四角の王手に対して▲6六銀と手堅く受けましたが、これが悪手となり形勢は後手に傾きました。
局面が進むと明らかになりますが、後手は大きく駒得した上に馬が守りに大きく効いています。
将棋のセオリーとして駒得をしている場合はゆっくりした進行にすることで駒得が活きてくる展開に持ち込めます。
逆に駒損している場合は早い展開にすることで駒の損得を相殺しやすくなります。
本譜のように先手は銀を手放したことで後手に対して早い攻めがなくなり、後手はゆっくりした展開にすることで馬を作り、満を持して△8四桂と先手陣に手を付けることができました。
先手は疑問手だった△2八角成を咎めることができず、逆に△2九馬~△1九馬~△1七角成と後手の2枚の角を守りに活用される展開にしたことが大いに悔やまれました。
ここから永瀬七段が手堅い収束を見せます。

第7図から▲5二と△7六桂▲7七玉△6九飛▲5三香成△6一香▲同と△同金▲6三成香△6八銀▲7六玉△8四桂▲8六玉△4九飛成▲7二成香△同金▲8五銀△7四金(途中図)▲同銀△同歩▲8五桂△7六銀▲9七桂△5三馬▲7五歩△7七銀上不成まで後手の勝ち。

途中図の△7四金が手堅い一手。
先手は▲同銀と応じるしかありませんが△同歩として1九馬が自陣に効き、後手は万に一つの負けも無くなりました。

投了図以降、▲同銀は△7五馬で詰み。▲同金は△同銀不成で①▲同銀は△7五馬まで。②▲同玉は△7九竜▲7八金△7六金まで。
本局は仕掛けから終盤の入口まで高見叡王が積極的に攻め続けましたが永瀬七段が正確に受け止めました。
終盤は自玉を安全にさせつつ優位を拡大する永瀬七段の持ち味が存分に発揮されましたが、この戦い方は大崩れしない指し方で非常に参考になります。
是非、棋譜を並べていただきご自身の棋力アップに繋げていただければと思います。

以上、最後までお読みいただき有難うございました。

The following two tabs change content below.
habuparov
会社での出世を目指し、毎日奔走しながら働く地方住まいのサラリーマン。仕事のことから趣味の将棋のことまで気まぐれに書いています。

下をクリックして応援いただけると幸いです。宜しくお願い致します。。

本文2
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク