投稿タイトル上

藤井七段 竜王戦4組優勝 決勝T最後の切符を勝ち取る

5月31日(金)に第32期竜王戦4組 ランキング戦決勝 ▲菅井竜也七段vs△藤井聡太七段の対局が行われました。
決勝トーナメント最後の椅子をかけた一戦は夕食休憩後に千日手となり、まさかの指し直しとなりました。指し直し局も1局目同様に白熱の戦いとなりました。

指し直し局は規定により先後が入れ替えとなりますので、菅井七段の先手で再開となりました。
戦型は中飛車対居飛車の持久戦模様。

千日手局と同様にじりじりした展開になりましたが、ここからの駒組みで藤井七段がリードを奪いました。

第1図以下の指し手
△4四角▲2七銀△2四歩▲6八角△3三桂▲3八金(第2図)

自然な駒組みのようですが、第2図まで進んだ局面は既に後手が作戦勝ちしています。
通常、振り飛車側が銀冠まで組めて居飛車側より堅い玉型になれば振り飛車十分となるケースが多いのですが、今回のケースは△4四角が絶好の場所に配置されていて先手は玉頭攻めがすこぶる厳しいため後手の作戦勝ちとなっています。
△4四角の位置をずらすには、どこかで▲4五歩と突く必要がありますが、本局では5四銀・3三桂がしっかりカバーしているため△4四角の位置をずらす術がありません。
※先手はこの角を追いやることができず、終局までずっと4四角が攻防に大活躍しました。
がっぷり四つに組み上げた第2図、後手の藤井七段が積極的に仕掛けます。

第2図以下の指し手
△8六歩▲同角△2五歩▲同桂△同桂▲6五歩△同銀直▲5二歩(第3図)

△8六歩~△2五歩が好手順で、既に先手が困っています。
2六に空間ができると後手に△2六歩と拠点を作られますので、空間を作らないように▲2五同桂として先手は別の場所からあやをつけにいきます。
▲5二歩は苦心の1手。
取ってくれれば離れ駒ができて攻め筋が増えますが、後手は▲5一歩成とされても痛くないので手抜きして先手陣に攻めかかります。
先手は2五桂が残った状態での戦いを強いられているので非常に苦しくなっています。形勢は後手優勢。

第3図以下の指し手
△5六歩▲5一歩成△5五桂▲5六銀△同銀▲同金△8六飛▲同歩△4九銀▲2五歩△2六歩(第4図)

△5六歩が味の良い一手。
△5五桂を打つスペース作りつつ、角道を通しています。
△5六歩に対して▲同銀か▲同金と取りたいところですが、いずれの変化も後手優勢です。
①▲同銀は△同銀▲同飛△5五桂▲4八金引△4七歩・・・
②▲同金は△8六飛▲同歩△4九角・・・でいずれの変化も後手優勢。
後手は4筋に歩が打てるので攻めては△4七歩、守っては△4一歩と打てるため攻守において手に困ることがありません。
△4九銀では△3七銀と打っていれば早く決着が着いていました。
△3七銀 以下▲同金△同桂成▲同玉△4七金▲2八玉△3七角▲1七玉△5八金で1手1手の寄り。
ここでは形勢が大差になっているので、本譜の順でも大勢に影響はありません。

第4図以下の指し手
▲2三桂△2七歩成▲同金△2三玉▲2四歩△同玉▲2一飛△2二銀▲4八飛(第5図)

▲2三桂はハッとする手ですが本譜のように応じるのが確実な対応。
△2二銀が逆転を許さない手堅い受け。△4四角が2二の地点に効いています。
藤井七段は詰ます能力をクローズアップされがちですが、守備力の高さにも定評があり手堅い受けで勝つことも多々あります。
高い勝率を誇る理由の一つですね。
先手はこれ以上攻め込むことができないので▲4八飛として首を差し出します。

第5図以下の指し手
△2六歩▲3七金△2五桂▲4九飛△6七角まで後手・藤井七段の勝ち。

△2六歩と頭を押さえて寄り形に入りました。
4四角がほんとうに良く効いています。
▲同金が少し気になりますが、△同角として問題ありません。
▲2二飛成には△2三歩で後手玉に詰みはなく、対して先手玉は1手1手の寄りとなります。
投了図では後手玉に攻め込む手はなく、また先手は飛車金取りになっています。
両方の駒を守るには▲5九飛くらいですが△5六角成▲同飛△3七桂成▲同玉△4七金▲2八玉△2七金▲2九玉△3八金右までの詰みとなりますので投了もやむなしです。

本局は藤井七段が作戦勝ちからリードを拡大し、そのまま押し切る完勝譜でした。
4四角が終始 攻防によく効いており先手は攻める事も守る事も難しかったですね。
菅井七段は4四角がここまで働くと思わず、軽視されていたのではないでしょうか。
それほど素晴らしい働きをしていました。
私は駒組みの段階ではここまで一方的な展開になるとは思わず、終盤に山場を迎えるような気がしておりました・・・
藤井七段の指し手はすべて急所に向かっていて、あっという間に終わってしまいました。
藤井七段が指すと簡単に優勢を拡大して相手を追い込んでいるように見えてしまい、勝つことが簡単なように錯覚してしまいますね。

決勝トーナメントは豊島名人や渡辺二冠のいる非常に厳しい山になりました。
ここまで来ると強敵しかいないので、どこに入ろうと関係ないのですが・・・(;^_^
個人的には渡辺二冠と藤井七段の対戦を観たくなってきました。
豊島名人も尊敬できる好きな棋士なので竜王挑戦してほしい・・・ヽ(`Д´)ノ !!
悩みは尽きませんが竜王戦決勝トーナメントを楽しく観戦したいと思います。

以上、最後までお読みいただき有難うございました。


藤井聡太全局集 平成28・29年度版【電子書籍】

The following two tabs change content below.
habuparov
会社での出世を目指し、毎日奔走しながら働く地方住まいのサラリーマン。仕事のことから趣味の将棋のことまで気まぐれに書いています。

下をクリックして応援いただけると幸いです。宜しくお願い致します。。

本文2
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク