投稿タイトル上

《棋聖戦》藤井七段 伊奈六段に盤石の勝利で決勝進出

6月11日(火)に第91期棋聖戦一次予選 ▲藤井聡太七段vs△伊奈祐介六段の対局が行われました。

藤井七段はこの日の午前中に1局目があり、本局は2局目となります。
戦型は藤井聡太七段の先手で相掛かりとなりました。

第1図は後手の伊奈祐介六段が△5四歩と突いたところ。
先手は居玉なので囲いを整備していくかと思われましたが、ここから先手が思い切りの良い仕掛けを敢行します。

第1図以下の指し手
▲4五歩△同歩▲2二角成△同金▲4五桂△3三桂▲同桂成△同金▲6九玉△2四歩▲2七飛(第2図)

▲4五歩が思い切った仕掛け。
攻めが少し軽い感じもしますが、後手陣も整備されていないのでギリギリ成立してそうです。
後手の受け方としては△4三金右、△同歩が考えられました。
どちらも互角の勝負で、棋風が表れるところでした。
△4三金右は金を前線に繰り出して手厚さを重視する指し方、そして本譜の△同歩は低い陣形を保ったまま勝負する展開が想定されます。
本譜、角交換後に先手が▲4五桂とした局面、後手は△3三桂と桂交換をしましたが、△7一角とする手も考えられました。
先手の攻め筋である▲7一角を消しつつ、△4四歩からの桂取りを狙う指し方です。
簡単に桂馬を取れれば話は上手いですが▲3五歩△4四歩▲7七角といった手順で簡単には桂馬を取らせてもらえません。
この変化は7一角の働きがかなり悪いので実戦的に難しい選択であったと思慮されますので、本譜は無難な△3三桂を選択されました。
▲3三桂成に対して後手は△同金でしましたが、ここでは△同銀とする手もありました。
おそらく▲4五桂~▲4四角のラインを気にされたと推察されますが、先手は飛車が2五にいるため△3三桂と金取りを受けながら飛車に当てる反撃手があり一方的に攻めきられることはありませんでした。
本譜は△同金としましたが、第2図まで進んでみると後手は陣形のまとめ方が難しく、既に勝ちにくくなっているように感じます。
第2図以下の指し手
△8六歩▲同歩△5五歩▲4五銀△8六飛▲8七歩△7六飛▲5四角(第3図)

後手は陣形の整備が困難ということで△8六歩から動きます。
△7六飛は次に△4六飛の金銀両取りを狙った手で後手好調のようですが▲5四角がぴったりの攻防手。
先手のカウンターが決まり、ここでは明確に先手有利となりました。

第3図以下の指し手
△6五角▲4三歩△同銀▲6五角△同銀▲2二角△4二金▲4四歩△5四銀上▲同銀△同銀▲6六桂(第4図)

▲5四角に△4六飛は▲4七歩で飛車を捕獲されますので、△6五角と応じますが▲4三歩が鋭い利かし。
△同金上は▲6三角成、△同金左は2筋が手薄になり▲2四飛と走られる手が残りますので、このタイミングでは△同銀の1手になっています。
▲6五角から角交換が行われた局面、▲4三歩の利かしの効果で▲2二角が金香両取りとなりました。
▲4三歩からの一連の好手順で先手は有利を拡大することに成功しました。
△4二金に対する▲4四歩もぬかりない1手。
▲4四歩を打たずに▲1一角成と香車を取ると△4四歩と先着され、雲行きが怪しくなります。
▲6六桂が決め手。後手は飛車の横効きを止められ、さらに銀取りとなり大勢決しました。
第4図から先手が最短距離での勝ちを目指し、ギアを上げます。

第4図以下の指し手
△4五角▲7七銀△3六角▲7九玉△7七飛成▲同金△2七角成▲3一飛△5二玉▲3三角成△2九飛▲4九銀(第5図)

△4五角は5四銀を守りながら△3六角の王手飛車取りを狙った手ですが、▲7七銀が勝ちを読みきった1手。
△7五飛と逃げるのは飛車の横効きがなくなる上に△8六歩~△8七銀といった攻め筋がなくなり後手に勝ち目がなくなります。
△3六角から先手玉に迫り、迎えた第5図の局面、藤井七段が華麗に勝負を決めます。

第5図以下の指し手
▲4二馬△同玉▲5四桂△5三玉▲3三飛成△6四玉▲6五銀△7三玉▲8三金△同玉▲6三竜△7三桂打▲7四銀△8四玉▲8五金△同桂▲8三竜△7五玉▲6六金まで先手・藤井七段の勝ち。

長手数ですが後手玉は即詰みとなっています。
▲5四桂に対して△3一玉と飛車を取るのは▲4二桂成として①△2一玉には▲3二銀△1二玉▲2三金。②△2二玉には▲2三金△同玉▲3二銀△3三玉▲4三歩成△2二玉▲2三金で詰み。
▲3三飛成に△5四玉と桂馬を取るのは▲4三竜で△6四玉は本譜と同じ手順で詰み、△4五玉には▲4六金△同玉▲4七銀△3五玉▲3六金で詰みとなります。
▲6五銀に△同玉は▲6三竜で△6四歩は▲6六金まで、△7五玉は▲8六金△8四玉▲8五金打でいずれの変化も詰みとなります。

戻って第4図局面、△4九同馬としなければ2七馬の利きで詰みを免れることはできるのですが
△4九同馬以外の手で先手玉に詰めろを掛けることはできませんので、後手に勝ちはありません。
△4九同馬に代わる一例として△4七銀とした場合、▲4三金△同銀▲同歩成△6二玉(△同金は▲5一飛成まで)▲8一飛成で後手玉は1手1手の寄り。
先手玉が詰めろではないので、ゆっくりした攻めでも十分に間に合います。
どの変化も長手数なので実戦の中で読み切るのは大変そうですが、藤井七段にとっては朝飯前です。(本人に聞いた訳ではないのですが、たぶん余裕の読み切りだったハズ・・・(; ̄ー ̄A  )
本局は藤井七段に危うくなる局面がなく、完勝と言ってもいい会心の内容だったと思います。
対局当日は1日2局行われましたが、いずれも序盤でリードしてから不利になることがなく危なげない勝ち方でした。
デビューされてから100局以上の対局数となりましたが、取りこぼしが非常に少ないですね。
高い勝率を誇っているので当然と言えば当然なのですが、10代でこの内容は素晴らしいの一言です。
本日の結果、1次予選決勝進出となり、決勝の相手は平藤七段か竹内五段のどちらかになります。
どちらの棋士も上位者に一撃を入れる腕力があり非常に楽しみな戦いが予想されます。
個人的な希望としては藤井七段がタイトルホルダーと戦うところを見てみたいので決勝戦も勝たれることを期待しています。

以上、最後までお読みいただき有難うございました。


藤井聡太の鬼手 〜デビューから平成30年度まで〜 [ 書籍編集部 ]

The following two tabs change content below.
habuparov
会社での出世を目指し、毎日奔走しながら働く地方住まいのサラリーマン。仕事のことから趣味の将棋のことまで気まぐれに書いています。

下をクリックして応援いただけると幸いです。宜しくお願い致します。。

本文2
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク