投稿タイトル上

渡辺二冠 木村九段の攻めを切らし白星スタート

6月14日(金)に第78期A級順位戦 1回戦 ▲渡辺明二冠vs△木村一基九段の対局が行われました。

A級復帰同士の対戦となった本局は渡辺二冠の先手で角換わり腰掛銀の戦型となりました。
第1図は先手が▲5六銀と上がったところ。
角換わり戦でよく見かける最新形となりました。

第1図以下の指し手
△5二玉▲7九玉△4四歩▲8八玉△4一飛▲5八金△6三金▲5九金△6二玉▲4八金△5二玉▲6七銀△4三銀▲5六歩△6二玉▲5五歩△8一飛▲5六銀(第2図)

先手は良い形での仕掛けを探り、対する後手は隙を与えないよう徹底抗戦の構え。
その結果、細かい金銀の動かし合いになり千日手模様になってきました。
後手としては千日手を辞さない構えなので、ここまでは不満の無い結果が出ておりますが、先手としては戦機がまったく見いだせず非常に嫌な展開になってきました。
この待機策で千日手に持って行けるのであれば、後手としては成功に近い結果なので今後の角換わり腰掛銀の戦い方が変わるかもしれませんね。

第2図以下の指し手
△4二金▲4五歩△同歩▲同銀△3二金▲5六銀△1二香▲2八飛△4一飛▲2七飛△5二銀▲4五桂△4四銀▲4六歩△3三桂▲同桂成△同銀▲4五歩△4三銀▲2九飛△8一飛(第3図)

▲4五歩から動きますが、先手はそれ以上先に進むことができません。
仮に▲4四歩△同銀▲同銀と進んでも、先手から有効な攻めが無い上に、後手から△4七歩や △4七銀▲同金△3八角といった攻めがあるので先手としてはもう少し条件を良くして攻める手順を探らなければなりません。
桂馬交換に果たして迎えた第3図。
先手は良い形での攻めを見出すため、揺さぶりをかけていきます。

第3図以下の指し手
▲6九飛△4二金▲5七桂△7二桂▲6五歩△同歩▲同桂 △同桂▲同銀△6四歩▲5六銀△5二金▲6六歩△4二金▲2九飛△3二金▲6七金△4二金▲7八玉△8六桂!(第4図)

▲6九飛から玉頭攻めを見せ揺さぶりをかけますが△7二桂がしっかりした受け。
桂交換をした後に▲6六歩とした手は変調に思えるかもしれませんが、△7二桂を打たしたことに満足した手です。
リアルタイムで観ていた時は違和感がありましたが、後の構想を見ると良い駆け引きだったように思えます。
▲6七金~▲7八玉が右玉対策で時折見かける地下鉄飛車を狙った構想。
矢倉囲いのままであれば後手は△8四桂として△7五歩や△9五歩からの攻めが見込めますが、地下鉄飛車であれば △8四桂 の時に▲7七桂~▲8五桂の反撃が狙えます。
ここまでの一連の駆け引きで△7二桂を打たせたことで地下鉄飛車にした時に△7二桂を無力化できる展開が見込めるようになりました。
但し、依然として後手陣に隙がなく先手から攻めること難しいので、引き続き千日手含みの駒組みをされていると先手は対応に苦慮していたように思えます。
△8六桂が驚きの1手!
千日手辞さずの指し方を続けてきた中で後手から戦端を開くとは思いませんでした。
形勢は互角ですが、先手としては千日手の心配がなくなりホッとした部分があったと推察されます。
先程までとは打って変わり今度は後手が攻めを繋げる手を考え、先手は受けに徹さなければなりません。

第4図以下の指し手
▲8六同歩△同歩▲7九桂△9五歩▲同歩△9七歩▲8五歩△9六角▲8七桂打!△8五飛(第5図)

8筋突破を防ぐため▲7九桂と懸命に受けますが△9五歩~△9七歩が攻めの継続手。
▲同香には△8七角と打ち込み、①▲8八玉には△9六歩、②▲同桂には△同歩成▲6八玉△7七と▲同金△7八飛成といった攻めを見ています。
先手としてはこの変化でも十分戦えました。
本譜の▲8五歩は△同飛には▲9七桂と歩を払い、以下△8一飛▲8五歩△9六歩▲8六銀で受ける算段です。
▲8五歩に△9五香は▲9七香△9六歩▲同香△同香▲9七歩△同香成▲同桂△9六歩▲8六銀で先手良し。
いずれの変化でも先手は8六歩を払う展開を狙っているので、後手としては8六歩の拠点を残す攻めを考える必要があります。
そこでひねり出した手が鋭手△9六角。
▲6八玉は△8七歩成とされ①▲同桂は△同角成で後手の攻めが繋がりますので、先手は②▲9七香とする1手ですが以下△8五飛▲9六香△7七と▲同桂△8八飛成で難解な戦いが予想されました。
▲6八玉は主戦場から離れる自然な手でしたが、先手が選択した手は▲8七桂打!
凄い1手が出ました。△8五飛と走られた局面、後手の攻めが炸裂し先手は潰れ形に見えますが・・・

第5図以下の指し手
▲8六銀△同飛▲9七香△8七角成▲同桂△9六歩▲7七金△8一飛▲9六香△8五銀▲8六歩△9六銀▲9四歩(第6図)

受けの好手。覚えておきたい手筋。

▲8六銀△同飛で銀を損しましたが、大きな拠点になっている急所の歩を払わなければいけないので致し方ないところ。
▲9七香のときに△8七角成と進めましたが、△8七角成のところでは△8八歩とすべきでした。
後手は攻めが繋がるか切れるかギリギリの状態なので少しでも攻めを誤ると切れ筋に陥りますが、△8八歩を逃してからは少しずつ攻めが切れ模様になったように思えます。
△8八歩に対して▲9六香は△8九歩成▲同玉△9六飛で△9七飛成や△8六歩の攻めが残り後手の攻めが繋がるので、△8八歩には①▲同玉か②▲7七金の2択になります。
①▲同玉 以下△8七角成▲同桂△9六歩▲7七玉△8一飛▲8六歩△9七歩成▲同桂△8二香・・・
②▲7七金 以下△8一飛▲8八玉△8七角成▲同金△8六歩▲7七金△8五桂▲8六金△9七桂成▲同玉△8二香・・・
どちらの変化も形勢は互角に近いようですが先手が後手の攻めを切らすのは非常に苦労する展開です。
本譜△8七角成▲同桂△9六歩 以下、後手は香車を入手できましたが最後の▲9四歩が受けの好手。
一見、攻めにも受けにも効いていない手に見えますが、この効果は後に表れます。

第6図以下の指し手
△8五歩▲同歩△7三桂▲7五歩△8五桂▲8六金△7六香(第7図)

後手は△8五歩▲同歩△7三桂として攻めの継続を図ります。
先手は▲7五歩としましたが、これは少し危険な1手でした。
後手は△8五桂と跳ねる手を狙っているので▲7五歩が空振りする公算が高く1手の価値が薄かったです。
▲6七玉として戦場から早逃げしておけば受けが分かりやすくなり先手有利でした。
最後の△7六香がハッとする1手。
▲同金は△8七銀不成▲同玉△9四香▲9六歩△同香▲同玉△8八飛成となり先手は受けに屈します。
後手の攻めが決まったか?

第7図以下の指し手
▲6七玉△9七桂成▲8二歩△同飛▲8三歩△同飛▲8四歩まで先手・渡辺二冠の勝ち

▲6七玉が冷静な1手で後手の攻めが切れていることが顕在化してきました。
△7七桂成▲同桂△8六飛と金を取れそうですが、それには▲9五角の王手飛車取りがあります。
これが打てるのが▲9四歩の効果。
9五に空間ができたことで常に▲9五角の筋ができ、後手の攻め幅がかなり狭まっていることが分かります。
本譜は△9七桂成としましたが▲8二歩~▲8四歩とされ、やはり王手飛車取りの筋を見せられ後手の攻めが完全に受け止められました。
投了図以降△同桂は▲9七桂△同銀不成▲8五金△8六歩▲9五桂といった展開が想定されます。
後手は左辺に駒を投資しましたが全て空振った形になっており、先手玉は右辺が広く安全であるため後手の攻めが完全にきれているので投了はやむを得ません。

本局は千日手模様の展開から後手が果敢に攻めましたが、攻撃態勢が不十分で少し無理気味だったように感じました。
しかし、その攻めもギリギリのところで受け止められた形で、トップレベルのプロ棋士でなければ攻めが繋がってた可能性は十分ありました。
後手の作戦も狙い通りで、途中までは後手の待機策がうまくいった嵌っていたと思いますので、今後も同じ形が頻出すると思います。
結果は大差になりましたが、攻守において見どころの多い熱戦でした。

以上、最後までお読みいただき有難うございました。


渡辺明の思考 盤上盤外問答 [ 渡辺明 ]

The following two tabs change content below.
habuparov
会社での出世を目指し、毎日奔走しながら働く地方住まいのサラリーマン。仕事のことから趣味の将棋のことまで気まぐれに書いています。

下をクリックして応援いただけると幸いです。宜しくお願い致します。。

本文2
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク