投稿タイトル上

《JT杯》羽生九段 7二金型右玉を攻略し2回戦進出

7月20日(土)に将棋日本シリーズ2019 一回戦 ▲羽生善治九段vs△斎藤慎太郎王座の対局が行われました。

実力者同士の一戦は個人的に興味のある戦型で、また勉強になる手が多く非常に見どころの多い内容でした。

戦型は後手の斎藤王座が1手損角換わりから右玉を採用されたのですが、その形は金を7二に配置する右玉で、羽生九段が最近よく指されている囲いでした。
まだ未開拓の形でどちらが有利に戦えるのか分からないため、この囲いはとても興味がありました。
しかも相手は羽生九段・・・(;゚д゚)要チェックや!
第1図は7二金型右玉の基本形で最近では羽生九段が対近藤(誠)六段や対佐々木(大)五段で同じ形を指されています。

第1図から数手進み第2図へ。

前例ではここで▲4六銀や▲6八金右でしたが・・・
第2図以下の指し手
▲1六歩△8五桂▲8八銀△4九角▲6八玉△3八歩▲4八角△1五歩▲同歩△4四銀▲4六銀△3三桂(第2図)

羽生九段が選択された手は▲1六歩。
この手も十分考えられる手。
対する斎藤王座の指し手は△8五桂。
少し早い気もしますが、過去の前例からこの攻めは十分成立することが分かっています。
▲8八銀は最善の逃げ場所。
△4九角は研究の1手。一歩間違えると角が捕獲されるので綿密な事前研究があったものと推察されます。
ここまでの前例を見ると、7二金型右玉は後手が細い攻めを繋ぐ技術が求められる展開が多いため、攻めに自信のある方でないと使いこなすのは難しそうですね (-ω-;)
ここから後手の攻め・先手の受けの勝負となりました。
第3図、次に△4五銀・△4五桂・△2五桂といった攻めを狙っており、先手はどう応対するか分岐点を迎えます。

第3図以下の指し手
▲3四歩△4五桂▲8六歩△6五歩▲同歩△3九歩成▲同角△1五香▲同香△3七歩▲4八金△3八歩成▲同金△7六角成▲8五歩△同歩▲7七銀△4九馬▲4八角△8六歩▲8八歩△6七歩(第4図)

▲3四歩は相手が攻めようとしているところを、さらに攻め駒を呼び込む手なのでかなり思い切った手です。
本譜はここで△4五桂としましたが、この手は疑問手で▲5九玉とすれば先手が有利になっていました。
後手は△4五桂に代えて、△4五銀か△2五桂を選択しておく方が優れました。
変化の一例としては①△4五銀▲3三歩成△4六銀▲3二と△3九銀打、②△2五桂▲同飛△3九歩成▲同角△3八角成。
どちらも難解な形勢でした。
本譜は▲5九玉を逃し▲8六歩とした結果、後手の猛攻を受けることになりました。
しかし、さすがは羽生九段。ほぼ最善の受けで相手の猛攻を凌ぎます。
攻めも受けも紙一重で、どちらを持っても指しこなせる気がしません・・・ですが、強くなるためには勉強して戦い方を習得しなければいけませんね(。-`ω´-)
本譜はここからさらに斎藤王座がギアを上げて攻め立てます。

第4図以下の指し手
▲6九玉△3七歩▲同桂△3八馬▲同飛△2七金▲3九飛△2八金▲5九飛△3八金▲5八飛△4八金▲同飛△5七桂成▲同銀△3六歩(第5図)

後手陣は手付かずで先手陣は崩壊寸前となっており、実戦的に先手が勝ち切るのは難しそうに見えますが、羽生九段の受けは正確でした。
第4図から第5図の受けは最善で後手の攻めが少しずつ失速し始めます。

第5図以下の指し手
▲4六銀△3七歩成▲同銀△8七角▲6四桂△5六桂▲7二桂成△同銀▲6四香△6三桂(第6図)

△8七角は一瞬ハッとする強手ですが、▲6四桂が手勝ちを見切った切り返しの1手。
△8七角では△5六桂▲5八飛△5五角▲4六銀△7七角成▲同金△6八歩成と攻めた方が本譜よりもアヤがあったかもしれません。
本譜は先手が分かりやすく攻め合い勝ちが見込める展開になりました。
攻守が入れ替わって迎えた第6図の局面、先手に決め手が出ます。

第6図以下の指し手
▲7三歩△同玉▲8七歩△同歩成▲8二歩△4八桂成▲8五桂△8三玉▲4八銀△7八と▲同玉△5八飛▲6七玉△4八飛成(第7図)

▲7三歩が決め手。
△同銀は▲8七歩△同歩成▲6三香成△同玉▲6四金と攻められ王手飛車の筋があり先手勝勢となります。
本譜は△同玉としましたが角を取られてから▲8二歩で後手は痺れました。
△同飛は▲5一角△8三玉▲8四金△9二玉▲9三金△8一玉▲8二金△同玉▲7三角打からの詰みとなります。
▲5一角に対して6二に合駒を打てないのが後手の泣きどころです。
第7図、後手は△4八飛成と銀を取って詰めろをかけましたが、これは形作り。
先手が後手玉を即詰みに討ち取ります。

第7図以下の指し手
▲8四金△同玉▲6二角△7三銀打▲同角成△同銀▲7六桂まで先手・羽生九段の勝ち

投了図以下、①△8五玉は▲8六金まで。
②△7五玉は▲6六金△8五玉▲8六銀打まで。
③△8三玉は▲7三桂成△同玉▲8四角△8二玉▲7三金△9二玉▲9三銀でいずれの変化も詰みとなります。

本局は短い持ち時間の将棋なのですが、非常にハイレベルで勉強になる1局でした。
羽生流の7二金型右玉はどの対局も終盤まで難解な戦いになっているので、後手番の作戦としては悪くない戦法だと思います。
前例を踏まえると、後手は細い攻めを繋ぐ技術が要求され、先手はギリギリの受けと機を見たカウンターを放つ技術が要求される戦いになりやすい戦型と見受けられます。
個人的にはやってみたい戦型なので、機会があればこの戦型に誘導したいなと思っています。
もう少し実戦例が欲しいところですが、おそらくプロ間で7二金型右玉が頻出すると思いますので見逃さないようチェックします( ー`дー´)キリッ

以上、最後までお読みいただき有難うございました。

The following two tabs change content below.
habuparov
会社での出世を目指し、毎日奔走しながら働く地方住まいのサラリーマン。仕事のことから趣味の将棋のことまで気まぐれに書いています。

下をクリックして応援いただけると幸いです。宜しくお願い致します。。

本文2
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク