投稿タイトル上

右玉の勉強


羽生パロフです。

最近将棋で対戦していく中で困っていることがあり、弱点克服のために取り組んでいることがあります。

それは題名にもある通り「右玉」です。
指したくない戦法ではないのですが、なんというか感覚が独特で自分の棋風に合わない感じがして右玉を指すことはほとんどありませんでした。
しかし昨今はバランスを重視した戦い方が多くなり、右玉の優秀さがクローズアップされてきました。
そういった事情から右玉を指さなければいけないケースが増えてきました。
意地でも右玉を避ける事はできるのですが、それでは自分の棋力向上が望めないと感じたので、思い切ってチャンスがあれば積極的に右玉を指すようにして慣れていくことにしました。

練習将棋の中で何局か右玉でうまくいったところや失敗したところがあったので記録しておきたいと思います。

まずは右玉デビュー戦となった将棋から。
先手の私が1筋の位を取れたので、すかさず右玉を採用。


右玉を相手にした時に学んだことですが、端の位を取られると右玉の懐の広さが生きやすく作戦負けに陥ることや終盤で端に逃げ込まれて敗れることが多々ありました。
体感的には端の位があると寄せの時に金銀2~3枚分の差が出てくるように感じていました。
ここでは良い感じの序盤になりそうと思っていました^^

図以下の指し手
△7五歩▲同歩△6四銀▲7九飛△7五銀▲6八金左△7六歩

相手は△7五歩から動いてこられましたが、第一感としては右玉が有利になりそうと感じました。
今まで右玉を相手にした時の経験から右玉と反対側のエリアで歩交換した時、右玉の戦場から離れているエリアなので歩で受ける必要がなく、逆に持ち駒に歩が加わったことで右玉側の攻め幅が増えるケースが多くありました。
よって、この局面も右玉側が良くなるのではないかと思っていました。
しかし、いざ右玉を持つとどう指せばいいか分かりませんでした(´;ω;`)
とりあえず▲7九飛~▲6八金左としましたが、どうだったか・・・
▲6八金左では▲7七金と上がる手も思い浮かんだのですが、いかにも重たい感じがして止めました。
△7六歩とされた局面、ここも指し方に迷いました。

本譜は図以下、▲6五歩△7四飛▲6六銀△同銀▲同角△7五銀▲4八角

後手玉が3一にあるので、▲9七角とする手がありそうに思えましたが、△2二玉とされた後の後続手が思い付かなかったので見送りました。
▲6五歩は角筋を通した手ですが、どこかで△7三桂から歩を取らる順や△9三角と指された手は急所に直通となるので少し考えました。
△7四飛は疑問手だったように思えます。
▲6六銀とぶつけられると飛車が上に出てきた分、当たりが強くなるので目標にされやすくなっています。
銀交換に再度△7五銀と据えましたが、先手は銀を手持ちにできたので満足の分かれです。

図以下の指し手
△7三桂▲7二銀・・・

△7三桂が悪手。▲7二銀で先手必勝となりました。
次の▲8三銀不成が受からず、飛車が横に逃げると▲7五角と銀を取られます。
後手は分かっていても受ける術がありません。
本譜は以下数手で終局となり、まずは右玉デビュー戦を白星で飾ることができました。

次の対局は後手の私が雁木囲いを採用。(便宜上先後逆です)

▲4五歩とジャブを繰り出す手もありそうでしたが、ここでも1筋の位を取れたので修行のために右玉を指すことにしました。

図以下の指し手
▲5九玉△8五歩▲4八玉△8二飛▲7七角

ちょっと無理やり感がありましたが、とりあえず右玉完成(;’∀’)
この後、ごちゃごちゃした展開になりましたが角銀交換で駒得を果たして下の局面に👇

敵陣に直接攻めかかる順が見えなかったので曲線的に攻めることに・・・

図以下の指し手
▲2五歩△同歩▲同飛△2四歩▲7五飛

こんな指し方でいいのか分かりませんが、軽く捌くことを意識して指していました。
相手玉の金銀が壁になっている悪形だったことが幸いし、このあと勝つ事ができました。

次の対局は意表の攻め方をされました。
なんと棒金戦法!久しぶりに見ました。
(これも便宜上先後逆です)

図以下の指し手
▲7七桂△8四金▲2九飛△9三桂▲4八玉△8五桂▲5六歩△7七桂成▲同角△8五金▲8九飛

ほうっておくと△8六歩から8筋を突破されるので受ける必要があります。
▲7七桂は棒銀対策で時折見かける受け方。
一時的に角が使えなくなるのですが、ゆっくりした展開になると▲7九角~▲5六歩といった手順で活用が見込めます。
本譜は△9三桂~△8五桂と攻め駒を前進させてきますが、こちらも右玉を完成させて▲8九飛と回ることができ、棒金を止めることができました。
本譜はこの後、後手に悪手が出たため、特に見どころ無く終局となりました。
この将棋は8筋突破を目指す相手に対して、いい感じに受け止められたと思います。

右玉についてはまだまだ知らない手筋が多くあるので実戦を通じて手筋や指し方を習得していきたいと思っています。
今回掲載した将棋は対居飛車の右玉でしたが、対振り飛車でも右玉戦法があります。
糸谷八段が得意にしている戦法で、私が奨励会に在籍していた時も糸谷流右玉を指されている方がちらほらいました。
対振り飛車の右玉は感覚が独特でさらに指しづらいのですが、いつか指しこなせるようになりたいなと思います。
右玉に関する紹介になりますが、右玉について分かりやすく纏められているのがミギーさんが掲載されている「右玉NOW」。

https://migigyoku.com/
ミギーさんは右玉に関する膨大な知見があり、また文章がとても読みやすいです。
プロの公式戦で右玉が指されると翌日にはその将棋が掲載されているので、情報入手の面でも非常に助かります。
私はまだ「右玉NOW」の過去記事をすべて読めていないので、読破して右玉の手筋や戦い方を習得していきたいと思います(`・ω・´)

将棋ランダムウォークは今後も右玉NOWを応援します!

The following two tabs change content below.
habuparov
会社での出世を目指し、毎日奔走しながら働く地方住まいのサラリーマン。仕事のことから趣味の将棋のことまで気まぐれに書いています。

下をクリックして応援いただけると幸いです。宜しくお願い致します。。

本文2
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク