投稿タイトル上

《王位戦》木村九段 285手の死闘を制し2勝2敗のタイに

8月20日~21日に第60期王位戦七番勝負 第4局 ▲木村一基九段vs△豊島将之二冠の対局が行われました。

豊島王位が王手をかけるか、木村九段がタイに戻すかの重要な一戦はタイトル戦最長手数の285手で木村九段の勝ちとなりました。

双方に大きな悪手はなかったのですが、木村九段の方が小刻みにポイントを稼いでいた印象でした。

戦型は木村九段の先手で相掛かりとなりました。
封じ手の局面、豊島王位が△9二角と序盤の勝負手を放ちましたが、このあと木村九段が冷静な指し回しでリードを奪いました。

第1図から10手ほど進み、第2図へ。
ここからの手順が冷静で上手かったです。


第2図以下の指し手
▲1三歩成△同桂▲3六銀△3八馬▲1四歩△1二歩▲1三歩成△同歩▲2五銀(第3図)

桂馬を入手してから再度▲2五銀が冷静な1手。
駒得しながら後手の攻めをいなす手順で木村九段にとっては持ち味が存分に出る理想的な展開に持ち込むことができました。

第3図以下の指し手
△4七馬▲8八玉△1四歩▲同香△同香▲3六角△2四香▲4七角△同成銀▲2四銀△同歩▲6九角△3八角▲3九香△4九角成▲4七角(第4図)

△4七馬に▲8八玉が戦いの中で自陣整備する覚えておきたい指し方。
△1四歩と動いてきた手に対する▲3六角~▲6九角と後手の攻め駒を責めるカウンターの合わせ方も見事でした。
この辺りは木村九段の持ち味が存分に出ていましたね。
銀をボロッと取られた局面は守りの堅さと駒得が大きく先手優勢。

この後、手数は長くなりましたが木村九段は大きなミスが無く、豊島二冠に勝機はありませんでした。
木村九段は非常に大きな2勝目をあげました。

本局は木村九段の会心譜でした。
この結果、2勝2敗のタイとなり非常におもしろいシリーズとなりました。
直近の豊島二冠vs木村九段戦を見ていると、攻め駒を責める木村九段の指し方に対して豊島二冠が指しにくそうな印象を受けます。
今までの流れから王位戦第5局は先手の豊島二冠が角換わりにしようとし、木村九段が避ける展開が想定されますが、もしかすると豊島二冠が別の戦型に誘導するかもしれません。
第3局では豊島二冠が矢倉に誘導した対局、この時は2連勝と余裕のある時でしたので竜王戦挑戦者決定戦を見越して色々な戦型を試す意味合いが強かったと思いますが、今回は負けると王手をかけられる重要な一戦ですので、豊島二冠が一番勝つ自信のある戦型に誘導する気がします。

果たしてどのような将棋になるのか・・・( ̄へ ̄; ムムム

・・・矢倉かな?
直近の矢倉戦は内容が悪いから避けそう・・・

・・・横歩かな?
これはアリそうな気がします。
豊島王位の最近の横歩戦は成績・内容が良いので・・・
ただ1局目の内容から木村九段が避けそう・・・

・・・雁木かな?
最近、雁木を指しているのを見たことがないのでなさそう・・・

・・・振り飛車かな?
・・・絶対ないな(´・ェ・ヽ)

個人的には先手番で主導権を握りやすい相掛かりを選択しそうな気がしてます。

いろいろ予想してみましたが、どの戦型になってもハイレベルな一戦になると思うので楽しみに観戦します(^^)
皆さんも一緒に楽しみましょう。

以上、最後までお読みいただき有難うございました。

The following two tabs change content below.
habuparov
会社での出世を目指し、毎日奔走しながら働く地方住まいのサラリーマン。仕事のことから趣味の将棋のことまで気まぐれに書いています。

下をクリックして応援いただけると幸いです。宜しくお願い致します。。

本文2
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク