投稿タイトル上

《順位戦》藤井七段 剛腕を発揮し無傷の4連勝!

9月3日(火)に第78期順位戦C級1組4回戦 ▲高橋道雄九段vs△藤井聡太七段の対局が行われました。

第1図は先手の高橋九段が▲4八銀と上がり、矢倉を目指したところ。
一見、自然な手に思えた▲4八銀でしたが、ここで藤井七段が長考に沈み驚嘆な仕掛けを敢行しました。

第1図以下の指し手
△6五歩▲同歩△8六歩▲同歩△7七角成▲同桂△8六飛▲6四歩△5四銀▲6三歩成△同銀▲6五桂△8九飛成▲7八角△9九竜(第2図)

△6五歩から角切りという驚きの攻め。
第一感、無理気味ではないかと感じましたが、後の展開を見るとギリギリ成立していそうですね。
この攻めがあるのであれば▲4八銀に代えて▲7八金か▲5八金右とすべきだったのですが、まさか銀・桂が参加していない攻めが成立するとは・・・

▲6四歩~▲6三歩成の歩の成り捨ては参考になる手筋。
歩を消すことによって▲6五桂と跳ねれる場所を作りました。
ただ、▲6五桂のところでは▲2二歩と利かしを入れた方が良かった気がします。
▲2二歩に対して後手は△同玉が自然な応手ですが、そこで▲6五桂と跳ねれば本譜と同じ手順で進んだ時に△9九竜には▲5五角で王手竜取りで切り返すことができました。
したがって後手は香車を取らずに竜を引き上げるくらいですが、この変化であれば先手もまずまずの局面だったように思えます。
香車を入手できた第2図の局面は後手有利。

第2図以下の指し手
▲5五角△6六歩▲5七銀△6四香▲5三桂不成△4四銀▲4一桂成△同玉(第3図)

▲5五角は攻防の1手で、この局面での最善手。
△6六歩は対応に悩む軽妙な手でした。
先手は壁形を解消する▲5七銀を選択しましたが、この手が疑問手で形勢ははっきり後手優勢になりました。
▲5七銀に代えて▲6六同角としておけば悪いなりに粘れました。
▲6六同角以下、△8八歩▲5七銀△6四香▲1一角成△2二銀といった進行が考えられますが、先手陣に守り駒が残っている分、本譜より優れていました。

優位を拡大するチャンスを迎えた後手ですが、△6四香が緩手でわずかに急所を外したと思います。
守るのであれば△5二金右、攻めるのであれば△7七銀の方が厳しかったです。
▲5三桂不成△4四銀と進んだ局面、ここが勝負所でした。
本譜は▲4一桂成としましたが、これが悪手で以降は先手にチャンスらしいチャンスがありませんでした。
本局は桂馬の価値が非常に高く、後手に桂馬を渡さないことが絶対条件でした。
▲4一桂成に代えて▲6四角△同銀▲6一桂成であれば、小駒を持たない後手は先手玉を寄せるのに一苦労していました。
壁形を解消する▲5七銀、後手玉に迫る▲4一桂成は本筋の手なのですが、この局面において最善手でなかったことは高橋九段にとっては不運でした。
桂馬を渡した第3図、後手の強烈な反撃を受けることになりました。

第3図以下の指し手
▲6四角△同銀▲6六銀△6五歩▲7七銀△5七桂▲2二歩△6七角(第4図)

第3図の局面、▲4六角と逃げるのは△6七歩成で先手敗勢となるので▲6四角~▲6六銀としましたが、△6五歩と打たれ先手は指し手に屈しました。
▲5七銀は△7七桂、▲7七銀は△5七桂の攻めがあるため先手は粘りがきかなくなっています。
桂馬を渡した罪がここで顕著になりました。

△6七角が藤井七段らしい鬼手。
▲同角は△6九竜▲4八玉△6七竜で金・銀取りが残り後手勝勢。
先手はこの角を取ることができません。

第4図以下の指し手
▲9六角△3一玉▲2一歩成△同玉▲5八金右△6九桂成▲4八玉△5八角成▲同玉△5九成桂▲6七玉△6六金▲同銀△同歩(第5図)

▲9六角と王手をかけながら躱しましたが、その後の▲5八金右と逃げた手が敗着。
△6九桂成で先手玉は寄り筋に入りました。
▲5八金右に代えて▲5八金打とがっちり受けていれば、守り駒が残るので粘りが効きました。
ただ、終盤戦に入り局面が分かりやすくなってきているので、ここから藤井七段相手に逆転することは厳しかったと思うので、高橋九段は形作りに入っていたと推察されます。
△6九桂成~△5八角成が紛れのない光速の寄せ。
先程まで金銀3枚あった先手陣でしたが、あっという間に盤上から消え、先手玉は丸裸になりました。
こうなると粘る事は不可能です。
以下、数手で先手は駒を投じました。

本局は藤井七段らしい細い攻めを繋げた快勝譜でした。
超急戦で先手を仕留めたということで、早い段階で▲6六歩とする矢倉はかなり戦いにくい戦型になったと思います。
銀・桂を使わない軽い攻めにも関わらず、これだけ崩されたということは、今まで以上に序盤で細心の注意を払わなければいけません。
そこまでして矢倉を目指す価値があるのか?
矢倉に組み上げれたとしても先手が有利になる訳ではないので、現状では先手が積極的に指す戦型ではない気がします。
個人的に矢倉は好きなので、復興を期待していますが・・・(´・ω・`)

本局の結果、藤井七段は順位の差で首位を堅持。
早くトップ棋士との対戦が見たいので、このままの勢いで昇級してもらいたいですね。
順位戦の次の対戦相手は宮本五段。
過去の対戦成績は藤井七段の2勝0敗。
藤井七段が連勝を伸ばすのか、それとも宮本五段が一撃を入れるのか・・・注目の5回戦は10月15日(火)です。

以上、最後までお読みいただき有難うございました。

The following two tabs change content below.
habuparov
会社での出世を目指し、毎日奔走しながら働く地方住まいのサラリーマン。仕事のことから趣味の将棋のことまで気まぐれに書いています。

下をクリックして応援いただけると幸いです。宜しくお願い致します。。

本文2
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク