投稿タイトル上

実戦メモ(2019年9月17日)

羽生パロフです。

消費増税の影響から仕事に奔走する毎日で辛いです(´;ω;`)
何とか暇な時間を見つけて将棋を指せているので、忘れないうちに将棋メモを更新しておきたいと思います。

羽生パロフが後手で対ゴキゲン中飛車となりました。

当初予定していた形とはならず不本意な進行にしてしまいましたが、なんとか勝負形に持ち込むことができ終盤戦に。

終盤の入口となった第2図。

この辺りから持ち時間が気になりだし、思考が緩慢になってきていました。
次に▲4二角成~▲8四飛の素抜きを狙われているな~と思い、焦り気味に△3六桂▲同歩△6四飛▲同飛△5五角と進めてしまいました。


後から見直すと△6六角が8四飛に利いていることに気付きました(*ノДノ)ミエテナイ・・・焦る必要がなかったorz
上記の手順でも悪くないのですが△3六桂に代えて△4八銀から攻めていく方が明快でした。

第3図から数手進み第4図に。

優勢と感じつつも、思ったより差が広がっていかないことと時間切迫が気になり、ここでは余裕がなくなってました。

第4図以下の指し手
▲4八角△9三角▲3四桂△3三銀▲5三歩△6二金▲5四桂△3四銀▲6二桂成△4四桂▲3七銀打(第5図)

対局中、▲4八角がしぶとくて良い受けだな~と感じました。
一気に攻め潰すことができなくなったので、△9三角と牽制しつつ相手の攻めの面倒を見ることに。
この判断自体は良かったのですが、△4四桂が悪手でした。
▲3七銀打とされ先手玉が鉄壁に。
△4四桂のところでは△5六桂と打つのを本線で考えていたのですが、▲6六角と出る奇手があるのではないかと思い躊躇してしまいました。
▲6六角以下△同飛成▲7二飛成となった局面、攻めの速度が逆転してマズいと思ったのですが、△6九竜と入り直しておけば1手勝ちが見込めていました。
この辺りは読みの深度・精度を欠いており、自分の未熟さが出ていました。
本譜はこの後、為す術もなく押し切られ敗戦。

相手の方の粘りが非常に勉強になった一方で、私の方は勝負所で踏み込めない情けない内容となりました。

残念な結果となりましたが、この敗戦を糧にして私も粘り強い指し方ができるよう努めていきたいと思います( +・`ω・)b

The following two tabs change content below.
habuparov
会社での出世を目指し、毎日奔走しながら働く地方住まいのサラリーマン。仕事のことから趣味の将棋のことまで気まぐれに書いています。

下をクリックして応援いただけると幸いです。宜しくお願い致します。。

本文2
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク