投稿タイトル上

《王将戦》豊島二冠 開幕局を制し白星発進

9月18日(水)に第69期王将戦 挑戦者決定リーグ 1回戦 ▲久保利明九段vs△豊島将之二冠の対局が行われました。

挑戦者決定リーグの開幕局となった本局は、先手の久保九段が三間飛車を採用されました。

後手が△1二香と一直線に穴熊を目指した手に対し、さっそく先手が揺さぶりをかけました。

第1図以下の指し手
▲4五銀△8四飛▲3六歩△5二金右▲3七銀△3二銀▲4六銀△3一玉▲3七桂△2二角▲3五歩△同歩▲同銀△7四歩(第2図)

▲3七銀~▲4六銀が思い切った攻めの構想。
積極的な動きですが攻撃力が増した分、守備力が落ちるのでこの構想の是非は判断の分かれるところです。
この動きを見て△3二銀~△3一玉~△2二角としたのが柔軟な対応。
2二まで行った玉を3一に、3三に上がった角を2二の位置に戻すという、ものすごい手損となるので気が引ける手順ですが、先手は銀2枚を前線に繰り出しているため、この銀を元に戻すことができなくなっています。
後手は先手の速攻を食い止めることができれば先手の銀2枚を攻守において中途半端な駒にすることができ、作戦勝ちが見込める為ここでの手損は十分採算が取れると踏んでいます。
後に引けない状況となった先手は、ここで仕掛けを敢行しました。

第2図以下の指し手
▲1五歩△同歩▲2五桂△7五歩▲6五歩△7七角成▲同飛△4二金直▲5五角△7三角(第3図)

▲2五桂に対する△7五歩が飛車の横利きを通す味の良い突き捨て。
この1手で遠く1筋まで飛車の利きを通し、後手は受けやすい状況を作っています。
先手は▲6五歩から角交換を挑みますが、後手の△4二金直が正確な状況判断に基づいた陣形整備の1手。
玉の横っ腹を開ける手で指しにくい手ですが、本局における戦場は1筋・もしくは3筋の玉頭からの攻めになります。
したがって後手は横よりも上からの攻めに対して強い陣形を作ることが肝要です。
△4二金直は上部を厚くすると同時に1筋からの攻めに対して4一玉~5一玉の退路を作る理にかなった手となっています。

ここで先手が指した▲5五角が少し危険な1手でした。
後手は△7三角としましたが、ここでは△8八角と打つ手が優れました。
先手は▲1一角成としようものなら△7六歩で痺れます。(▲同飛は△1一角成の素抜き)
よって先手は▲9一角成とするくらいですが、後手も△9九角成としておけば▲5五馬には△7六歩で上記同様に素抜きがあるので、先手は馬が使いづらく攻め手に屈していました。
後手がこの順を逃したため、形勢は後手有利ながら逆転圏内の状況で終盤に突入します。

第3図以下の指し手
▲1一角成△1九角成▲1二馬△6六香▲7八金△1四飛▲1三歩△1六歩(第4図)

香車を取り合った後の△6六香~△1四飛が上手い攻め。
先手はたった2手で左右挟撃態勢を敷かれ、非常に勝ちにくい状況に追い込まれました。

第4図から十数手進み、第5図へ。

ここから先手が猛攻を仕掛けましたが、それに対する後手の受けが見事でした。

第5図以下の指し手
▲6一銀△4二金右▲2四香△3五と▲2一香成△4一玉▲2四桂△5一玉▲7二銀成△7一香▲3二桂成△7二香▲4二成桂△同玉▲8三金(第6図)

▲6一銀に△4二金右と逃げておき、▲2四香と右辺から攻めてくる手に対して△4一玉~△5一玉と一目散に戦場から離れたのが正確な応手。
先手は左辺に逃がさないよう▲7二銀成としましたが△7一香と銀に当てた手が事実上の決め手。
この手は受け一辺倒の手ではなく遠く7筋に睨みを利かす攻防手になっています。

先手が▲8三金と首を差し出し、迎えた第6図。
後手が収束に入ります。

第6図以下の指し手
△4五と▲同馬△5四桂▲5七玉△6六銀▲5八玉△7六歩▲6七飛△同銀成▲同金△8八飛(第7図)

△5四桂~△6六銀と上部を押さえ、玉を下段に落とすのが基本に忠実な寄せ。
香車の利きを生かす△7六歩が大きな1手で、飛車の入手が確実となり勝負あり。
△8八飛と打ち込み、以下数手で後手の勝ちとなりました。

本局は久保九段が積極的な動きを見せましたが、豊島二冠の対応が非常に柔軟で的確でしたね。
穴熊を捨てて左美濃から△3一玉~△2二角とした手、そこからさらに△4二金直と美濃囲いを崩した手などは状況判断が正確で、さらに発想が柔軟で非常に素晴らしい指し回しでした。
定跡型だけでなく、こういった力戦型でも安定した力が発揮できるのは強者の証だと思います。
やはり現在の将棋界では渡辺三冠と共に頭一つ抜けている感がありますね。
好スタートを切った豊島二冠の次の相手は藤井七段。
どのカードも注目局ですが、この対局も屈指の好カードですね^^
ハイレベルな戦いを期待したいと思います。

以上、最後までお読みいただき有難うございました。

The following two tabs change content below.
habuparov
会社での出世を目指し、毎日奔走しながら働く地方住まいのサラリーマン。仕事のことから趣味の将棋のことまで気まぐれに書いています。

下をクリックして応援いただけると幸いです。宜しくお願い致します。。

本文2
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク