投稿タイトル上

実戦メモ(2019年9月26日)

羽生パロフです。

今日も昼休憩の時に将棋を指したのですが、偶然にも先日投稿した内容と似た将棋になりました。
失敗した将棋の反省と対策が嵌ったのでメモに残しておきたいと思います。

先日投稿した内容はコチラ↓

羽生パロフです。 昨日、日課である将棋を指していたのですが個人的に驚きの発見がありました。

今回の対戦相手は四段の方でしたが、上記の将棋と同じく相手の方が早めに△3四歩と突かれました。

先日惨敗した将棋の詳細な検討はまだ出来ていなかったのですが、同じような局面になったとき次はこう指そうかなと考えていた対策があったので今回も『ひねり飛車』を選択。

考えていた対策は6六歩・6七銀型のひねり飛車。
前回の将棋ではこちらの桂頭を攻められる展開になったので、6七銀型にすることで桂頭をケア。
それともう一つ、ひねり飛車側が手得した時に使える攻め筋を思い出したので、6六歩・6七銀型を選択しました。
その攻め筋とは・・・

上図の局面、後手が3三金~3二金としたため2手損になっており、玉が入城できておりません。
※もし後手が手損していなければ△3三角~△2二玉で入城できている

後手玉が3一にいるのがポイントで、この形の時だけ使える攻め筋がありますので紹介させていただきます。

上図以下の指し手
▲7四歩△6三金▲7三歩成△同桂▲7四歩

▲7四歩が後手陣の隙を突いた仕掛け。
普通は本譜の手順中△6三金▲7三歩成に△同金とするところですが、それには▲6四角と出る手があります。
△同金は▲7一飛成!が王手飛車で先手必勝。(下図)

△同金に代えて△7四歩としても▲同飛とし、△6四金は先程同様に▲7一飛成の王手飛車、△7四同金は▲8二角成で玉型の差で先手優勢。
※後手玉が2二に入城していれば王手飛車の筋がないため、この仕掛けは成立しません。

本譜は▲7三歩成△同桂と辛抱されましたが▲7四歩で桂得が確定し、先手優勢となりました。

この後はリードを保ったまま無事に終盤を乗り切ることができ、勝たせていただくことができました。

おぼろげな対策なので抜け穴は多いと思いますが、一応先日の反省を生かすことができホッとしました(;^ω^)

The following two tabs change content below.
habuparov
会社での出世を目指し、毎日奔走しながら働く地方住まいのサラリーマン。仕事のことから趣味の将棋のことまで気まぐれに書いています。
habuparov

最新記事 by habuparov (全て見る)

本文2
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク