投稿タイトル上

老化・認知症予防のための頭を使う習慣

羽生パロフです。

昨日の王将戦挑戦者決定リーグの藤井七段vs三浦九段戦、非常に見応えがあって面白かったですね^^

互角のねじり合いから藤井七段がリードを奪った辺りはとても興奮しました。
私は仕事の合間をぬっての観戦であまり見れなかったのですが、本局は注目度の高い対局ということで多くの方が観戦されていたようですね。
帰りの車中で藤井vs三浦戦の棋譜を熱心に見ている年配の方を見かけました。
この方を見て、ふと私が奨励会員の時に将棋道場で指導していた時のことを思い出しました。

当時、年配の方と将棋を通じて話す機会が多かったのですが、失礼ながら年齢の割にしっかりした方が多かったです。
80歳を超えて、なお高い棋力を維持されている方も多く見かけました。
脳科学関連の書籍で知ったのですが、将棋や囲碁のような頭を使う趣味は老化・認知症予防にいいみたいですね。
今まで仕事の中で多くの方と話す機会がありましたが、上記の通り 頭を使う趣味を持っている方はテキパキ動かれていて老化の進行が遅く感じます。

現代人は昔に比べてネットやゲームをする機会が増えたことで頭を使うことが少なくなり、認知症の兆候である脳の萎縮が早まり若年性のアルツハイマー病が増えているそうです。
この病気の怖いところは、長年にわたり頭を使う習慣がなかったことで脳の萎縮が起こるため、いざ改善・予防しようとしても過去の習慣が染み込んでいて、なかなか頭を使う習慣が身に付かず回復しづらいところです。

幸い『将棋』は嫌でも考えさせられる趣味なので良い頭の体操になっていると思ってます。
社会人の方であれば囲碁・チェス・モノポリーなども仕事に支障をきたすことなくできるのでおススメです。もちろん将棋も。
私は少し前にボルダリングを趣味にしていたのですが、ボルダリングは頭を使ったスポーツなので個人的にはコチラもお奨めです。
事前準備などなく簡単に始めることができますので、気分転換にお試しください^^

今週いっぱいは残業の毎日で将棋はあまりできなさそうですが、冒頭の車中で見かけた年配の方のように私も情熱をもって頑張りたいと思います(`・ω・´)

PS:将棋はお金がかからず楽しめる趣味なので、全ての年代の方達におススメのゲームです。
気軽に始めてみてはいかがでしょうか(ノ´∀`)ノ

The following two tabs change content below.
habuparov
会社での出世を目指し、毎日奔走しながら働く地方住まいのサラリーマン。仕事のことから趣味の将棋のことまで気まぐれに書いています。

下をクリックして応援いただけると幸いです。宜しくお願い致します。。

本文2
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク