投稿タイトル上

日報(2019年10月18日)

羽生パロフです。

今週も無事に業務を終えることができました^^

いつものように日報を更新しておきたいと思います。

今日は早めに起きれたので1時間半ほど資格勉強。
出勤後、午前中は通常業務でひたすら成約案件の売上を立てました。
午後からは金融関連業務の研修講師をすることに。
人前で話すのは得意ではないので依頼を受けたときは引き受けるか迷ったのですが、苦手分野を克服するチャンスと思い引き受けることにしました。
先輩社員と共同での講師だったので特に大きな問題が起きることなく終えることができました。
一箇所だけ回答に困る質問があったのですが、すかさずフォローしていただけたので助かりました(;´∀`)感謝感謝

夕方以降は来週の天皇陛下「即位の礼」に伴う業務運用処理の事前変更対応。
思ったより時間がかかり残業することになりました。
この日は研修準備で早出していたので合計3時間ほどの残業になり疲れました(;´Д`)

今日は研修があったため、いつもより早めの食事⇒将棋ウォーズ。
最近、運がいいのか今日も3連勝でした。
相手の時間切れなどがあり、内容はよくありませんでした。

■1局目
相手の方は二段、戦型は私の先手で角換わり腰掛銀。

この局面は逆を持って指した経験があり、その時に指されて困った手があったので勉強のため逆の立場で指してみることに。

上図以下の指し手
▲4五桂△4二銀▲7五歩△同歩▲3五歩△4四歩▲3四歩△4六歩▲7四歩△6五桂▲同歩△同歩

この形は▲4四桂の傷があり先手有利になると思っていました。
ただ指していると△6五桂のところで△4四桂と先着されたとき、どう対応していいか分からなかったです(・д・`。)
本譜は△6五桂が悪手で形勢は先手有利に傾きました。

20手近く進み終盤戦となった下図

上図以下の指し手
▲2三歩△同金▲3五桂△2二金▲2三歩△3二金▲2二角△同金▲同歩成△同玉▲2四飛

▲3五桂が詰めろではないので△6七銀からのラッシュが一番怖い攻めでしたが本譜は△2二金。
▲2三歩の楔が入ると詰めろが続くので、ここで勝ちが見えました。
△6七銀と打ち込まれても先手優勢のようですが、実戦で正着を指し続けれる自信はなかったので冷や汗ものでした(;´Д`A “`

この辺りの局面で考えている時にいつも会う店員さんから「今日はいつもより早いですね(^^*)」と話しかけられ、ビックリして危うく操作ミスしそうでしたが何とか乗り切れました(;^ω^)

■2局目
相手の方は初段、戦型は私の先手で角換わり腰掛銀。

なんと、またしても同一局面に (-x-;)ナ、ナニッ?!

上図以下の指し手
▲4五桂△4二銀▲7五歩△同歩▲3五歩△6三角▲3四歩△4四歩▲3三桂成△同桂▲2四歩△同歩▲同飛△4五歩▲2三歩△2一歩

今回は△6三角とがっちりガードする手でした。
ただ攻撃力のある大駒を受け一方に使う手で、さらに桂馬を捌かれているので上図の局面は先手有利の分かれ。
後手は大駒を使っての受けなので専守防衛に徹することになるのですが、▲2三歩と楔が入ったことと桂馬の入手が確実なので先手の攻めを振りほどくのは非常に難しそうですね。
対局中は先手を持っていて自信があった訳ではないのですが、それ以上に後手は考える事が多く大変そうに感じました。

数手進み以下の局面に。

先手有利な形勢なのですが、ここから緩手を続けてしまい形勢をひっくり返されてしまいました(´;ω;`)

上図以下の指し手
▲1五歩△6六歩▲1四歩△7七桂成▲同金

▲1五歩~▲1四歩が急所を見誤った緩手でした。
相手の攻めの方が急所を突いており難解な形勢に逆戻りしました。
▲1五歩のところでは▲2五桂や▲3四歩~▲3三歩といった直線的な手で攻めるべきでした。
▲1四歩のところでも▲2五桂・▲3四歩で攻めた方がマシなくらい本譜は甘い攻め方でした。
上図は互角の形勢でまだまだこれからと思われましたが・・・

上図以下の指し手
△3五銀▲1六飛△5二角▲2二と

先手の飛車が4筋直通となっているので△3五銀は飛車筋を変える意味で自然な1手。
▲1六飛に△4二玉と早逃げしておけば難解な形勢でしたが△5二角が1手バッタリ。
▲2二と が一撃必殺の手となり先手勝勢となりました。
①△同歩は▲1一飛成△2一桂(△4二玉は▲8一竜)▲1二香成、②△同銀は▲同歩成△同金▲1一飛成③△同金▲同歩成△同銀▲1二飛成でいずれの変化も先手の飛車が敵陣に侵入することができます。
本譜はこの後、数手で後手投了となりました。

3局目は序盤で相手の方に通信不良があったのか時間切れ勝ちで終わったので割愛。

角換わり腰掛銀を指す機会が増えてきましたが、指している感想としては一見軽そうに見える▲4五桂の単騎の攻めでも後手はふりほどくことが簡単ではなさそうですね。
後手がこの形で△3一玉としている将棋が減少傾向の理由もなんとなく分かった気がします。
先手を持っていても自信がある訳ではないのですが(^_^;)アセアセ…

連勝が続いたので達成率はどれだけ上がったのかな?と思い、マイページを見てみると・・・

2%くらいしか上がってない・・・|||||/(=ω=。)\|||||
今までは1回勝つと昇級していたので気にしていなかったのですが、四段になると1回勝っても全然増えないのですね。
昔を思い返してみると一つ段を上げるのは非常に難しく数ヵ月から年単位のスパンが必要だったハズなのでおかしい事ではないですね。
昇段の道のりは険しい・・・( ̄Д ̄;)
今は将棋の勉強ができておらず間違えて昇段してしまっても負け続けると思うので、しっかり勉強しなさいと言うことですね・・・(ノ_-。)

休みに入ったので将棋を指したいところですが、最近は日経ビジネスが読めていなくて3週分溜まってしまいました。
この休みの間に読み進め、読み終えることができたら将棋を指したいなと思います(`・ω・´)

The following two tabs change content below.
habuparov
会社での出世を目指し、毎日奔走しながら働く地方住まいのサラリーマン。仕事のことから趣味の将棋のことまで気まぐれに書いています。

下をクリックして応援いただけると幸いです。宜しくお願い致します。。

本文2
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク