投稿タイトル上

【王将戦】羽生九段 3勝目を挙げ挑戦権獲得の可能性を残す

羽生パロフです。

11月11日(月)に王将戦挑戦者決定リーグ戦が2局行われました。

羽生九段vs三浦九段戦と久保九段vs糸谷八段戦の2局が行われ、結果は羽生九段と久保九段の勝ちとなりました。

戦型は両対局とも、趣旨は異なりますが早い段階で角を交換する振り飛車で現代風の将棋となりました。
2局とも振り飛車側をもった羽生九段・久保九段の歩の使い方が非常に参考になる将棋で振り飛車の快勝譜でした。
羽生九段の将棋はと金を作ってから、と金攻めを間に合わす指し回しが光りました。
と金を使うのは手数がかかるので、正確な速度計算や自陣に手を入れつつ攻めを間に合わす攻防のテクニックが重要になるのですが、ここの判断が正確で中盤以降は悪手がありませんでした。
羽生九段の将棋も良かったのですが、それ以上に久保九段の振り飛車が絶品でした。
何回か出た▲6四歩・▲7四歩と歩を駆使して後手の金銀の働きを悪くするテクニックと相手に粘る余地を与えない寄せのキレが素晴らしく、糸谷八段の持ち味である粘りや剛腕が鳴りを潜めたまま終局となりました。
2局とも振り飛車党の方にとっては得るものが多かった対局だったと思います^^
昨日の結果、羽生九段は3勝2敗となり挑戦権獲得の可能性が僅かではありますが残りました。
羽生九段は気付けばリーグ最年長ということで、年齢との戦いもあり年々厳しい状況になっていますが、1年でも長く活躍していただきたいところです。

■昨日の将棋ウォーズの結果

いつも通り昼食休憩時に3局指し、3連勝することができました。
簡単に振り返っておきたいと思います。

●1局目
相手は二段の方。戦型は私の先手で対角交換向飛車。
駒がぶつかった辺りで相手の方にミスが出て、優勢のまま終盤戦に。

▲5三角から直接的な攻めでも問題なさそうですが、大きくリードしていることや10秒将棋ということで安全策で行くことにしました。

上図以下の指し手
▲7五歩△2七歩成▲7四歩△2八と直▲5九飛△3八と寄▲8五桂△4八と寄▲7三歩成△同桂▲7四桂まで先手の勝ち

石橋を叩いて渡るように、かなり慎重に攻めてしまいました(;^_^A
少し回り道しましたが無事に1勝ゲット

●2局目
相手は二段の方。戦型は私の先手で銀冠対中飛車。
仕掛けの段階で私の見落としがあり、形勢を悪くする展開にしてしまいました。

ここは▲4六銀と上がっておけば、まずまずの展開だったのです・・・

上図以下の指し手
▲3五歩△同銀▲4四歩△4一飛▲4八飛△4六歩▲同銀△4七歩▲同飛△3六銀▲4九飛△4四角

大駒を軽く捌く予定が、飛車先の銀が重荷となり逆に相手に軽く捌かれることに。
▲3五歩~▲4四歩が慌てて指した手で酷かったです。
後手の銀が手順に五段目に進出して、飛車角も捌かれる結果でまずかったです。
幸い致命的なミスではなく、このあと相手のミスが出たこともあり先手優勢で終盤を迎えました。

上図以下の指し手
▲1八角△3六歩▲7五桂△7四銀▲3六角△3五飛▲7二角成△同玉▲9三歩成

角を切って相手陣を薄くできたので勝ちやすい局面になったかなと思いました。
桂香の補充の目途が立ち▲5四桂や▲6三香といった攻めがあり先手勝勢に。
このあと数手で勝つことが出来ました^^
途中が酷かったですが、終わり良ければ全て良しということで・・・(;^_^A

●3局目
相手は二段の方。戦型は私の先手で角換わり腰掛銀。

上図以下の指し手
△4四歩▲同歩△同銀▲2四歩△同歩▲1五歩△4五歩▲4二歩△8一飛▲4五銀△同銀右▲同桂△同銀▲5五角△3三桂▲7二銀

△4四歩からの仕掛けを受けましたが▲4二歩の手裏剣から▲7二銀の両取りが決まり必勝形になりました。
家に帰ってから、上図の局面で△4四歩からの仕掛けが成立するのか調べてみましたが、無理気味なようでどの変化も先手が有利になる分かれでした。
角換わり腰掛銀で後手が先攻していくには、かなり条件が良くないと難しそうですね。
角換わり腰掛銀は駒の配置が少し違うだけで攻めが成立したり成立しなかったりするので、本局も仕掛けられたときは内心ビクビクしていました(;^_^A
経験値を積み、少しでもどっしり構えて対局できるようにしていきたいと思います。

この日は全局2段の方が相手でこちらが先手番でした。
対戦相手は『おまかせ』設定にしているのですが、こういったこともあるのですね(・・;)
1局でも落としていたら達成率を大きく下げていたと思うので、ちょっとプレッシャーを感じながら指していましたが、何とか乗り越えることができてホッとしました。
年内は達成率を大きく下げないことを念頭に頑張りたいと思います(`・ω・´)

The following two tabs change content below.
habuparov
会社での出世を目指し、毎日奔走しながら働く地方住まいのサラリーマン。仕事のことから趣味の将棋のことまで気まぐれに書いています。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

下をクリックして応援いただけると幸いです。宜しくお願い致します。。

本文2
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク