投稿タイトル上

またしてもCPUに惜敗・・・orz

羽生パロフです。

月末にさしかかり、最近は忙しくなってきました(;;;´Д`)

仕事に加えて資格勉強・管理職研修・通信教育の宿題が溜まってきていて予定が後ろ倒しになってきました。
少しでも早く手持ちの業務を捌くように心がけているのですが、昨日はちょっとイラっとすることがありました。

Windows7のサポート切れが迫っていることに伴い、今週から社内PCのリプレースが始まりました。
リプレース期限は年内で各人で対応することになり、社員は自分のPCと自チームの派遣・パート・アルバイトの方のPCもフォローすることで通達・徹底されました。
私は27日(水)に自分のPCのリプレースが完了。
事前にマニュアルが配布されていたこともあり、割とスムーズに移行完了╭( ・ㅂ・)و̑ グッ
スケジュール管理できるように作業時間を記録し、自チームのPCリプレースにかかる作業予定時間を計算。
大まかな作業時間・各人の予定を確認して、スケジュール調整を行いました。
作業完了から逆算すると余裕のあるスケジュールだったのですが、念には念をということで昨日残業して事前準備を行うことに。
順調に準備が進み、一区切りついたので帰る準備をしていると、同じ部門に所属している同僚Aさんから声を掛けられました・・・

同僚Aさん「あ!パロフさん、もうリプレースに取り掛かっているのですか?」
パロフ「ええ。12月は試験や研修でスケジュールが詰まっているので前倒しすることにしました。」
同僚Aさん「へぇ~何台もリプレースしたら、もうコツを掴めて作業時間も早くなってそうですね。」
パロフ「はい、簡単だったので1回するとすぐに慣れましたよ。作業は早めに終わらせて、すぐに試験勉強と研修準備に取り掛かろうと思ってます。」
同僚Aさん「そうですか。今度、私もリプレースするのですが作業がうまくいくか不安なので見てもらえませんか?」
パロフ「( ̄□ ̄;)!!・・・事前に配布されたマニュアルが分かりやすかったので問題ないと思いますよ。(・・・忙しいから余計なことに時間取られたくねえよ!)」
同僚Aさん「こういうのは慣れている人に直接教えてもらった方が早いですから」
パロフ「 マニュアルがとても分かりやすかったから、Aさん一人でうまくできますよ。(#^ω^)ビキビキ」
同僚Aさん「私はマニュアルをまだ読んでいないので分からんのですよぉ~」
パロフ「・・・ (怒`・ω・´)」

久しぶりにイラッときました。
分からないのであれば、まず始めに自分で調べるべきですよね。
しかも今回は分かりやすいマニュアルが事前配布されていて、一人で対応できるようになっているのに・・・
業務マニュアルのメリットとして、分からない人が詳しい方に質問すると2人の業務時間が削られることになりますが、マニュアルがあるとそこに答えが載っているので詳しい方に質問することなく対応できるようになることです。
結果、詳しい方が余計な時間を取られることなく業務に取り掛かれるので業務効率化に繋がるのですが、今回のように分かりやすいマニュアルがあるにも関わらず一度も読まずに他人に時間を取らせるというのは社会人としてどうなのよ?と思いました。

出世にプラスとなる人物であれば協力する事はやぶさかではないのですが・・・
今回は申し訳ないのですが何とか一人で頑張ってもらいます。
今回のリプレースの作業状況を見ていると、優秀な方は自分で調べて対応されているのに対し、社内評価が低い方は何とかして人に仕事を振ろうとしてます。
未経験の分野に自ら足を踏み入れる人と逃げる人では、責任感と知識量に大きな差が生まれているので今回のようなことが起こるのだろうなと感じました。
反面教師として自分が同じことをしないように気を付けたいと思います。

今週は土曜出勤して仕事を前倒しで終わらせ、早めに資格勉強と研修準備に取り掛かりたいと思っています( ・`ω・´)

■将棋ウォーズ結果

いつも通り、昼食休憩の時に3局。
結果は2勝1敗。
因縁のCPUにまたしても完敗でしたorz

●1局目
CPU五段と対局。矢倉から急戦の将棋となりました。

▲2四と打たれた局面。
△同歩は▲同飛から飛車を帰陣させて面白くないので、飛車をいじめるような展開にしようと思いましたが・・・

上図以下の指し手
△5五歩▲3二飛成!△同玉▲2三歩成△同玉▲2四歩△同玉▲7九角△3三玉▲2四歩△3一角▲2三金

△5五歩に▲同歩は△3三銀~△4四銀といった手で進軍する予定でした。
▲2三歩成には△同金▲3五飛△5六歩といった手でまずまずかな、と思っていましたが・・・
▲3二飛成が予想外の鬼手。
この手で後手が悪くなったわけではなく互角の形勢なのですが、有効な受けが見えず強襲に飲み込まれました。
△3一角に代えて△3一銀としておけば、これからの形勢だったのですが▲2三金から角を取られた後に色々な攻め筋がありそうに感じたので△3一角と指してしまいました。
構わず▲2三金で先手の攻めが振りほどけなくなり大勢決す・・・
▲3二金から角を取られるのが確定した上に、玉が上部に追い出されて勝てない局面になりました。
このあと数手で投了。
CPU相手に直線勝負になると勝ち目がないので、始めの局面の▲2四歩とされたところでは△3三銀といった手でゆっくりした展開にすべきだったかな・・・(´;ω;`)

●3局目
相手は四段の方。私の後手で四間飛車対穴熊。

▲2五桂と端に狙いを付けられた局面。
互角の形勢でしたが、ここから悪手を重ねて形勢を損ねました。

上図以下の指し手
△7五歩▲同歩△8五桂▲1三桂成△同銀▲1八香打△2二玉▲1五香

遊び駒を活用しなければいけないと思い△7五歩~△8五桂としましたが、有効手ではなかったです。
受けに専念して△1四香と逃げておいた方が優れていたようです。
そのあとの▲1八香打に△2二玉とした手も良くなく△1六桂の方が良かったです。
本譜は端に成駒ができる展開となり、形勢は先手優勢に。

10手ほど進み、以下の局面。

上図以下の指し手
▲2二成香寄△同金▲同成香△同玉▲4三銀

両取りが決まり後手敗勢だな(´;ω;`)と思っていたのですが、実際は敗勢まではいってなく、△5一角と逃げてから攻め合いの展開にしておけば後手玉は1筋が開けているので一筋縄ではなかったようでした。
本譜は△5一角を逃し、投了目前までいったのですが、最後は先手が頓死筋に入ったため逆転勝ちとなりました。

12月は仕事関係の予定が詰まっており、かなり忙しくなりそうです。
ここをうまく乗り切ることができれば昇進の道が拓けそうなので、最後の力を振り絞って頑張りたいと思います(`・ω・´)

The following two tabs change content below.
habuparov
会社での出世を目指し、毎日奔走しながら働く地方住まいのサラリーマン。仕事のことから趣味の将棋のことまで気まぐれに書いています。

下をクリックして応援いただけると幸いです。宜しくお願い致します。。

本文2
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク