投稿タイトル上

【朗報】自己最高の冬季賞与をゲット!

羽生パロフです。

先週の後半は出張のため、ずっと外出していました。

久しぶりにいつもの会社に出社となった12月9日(月)、会社のパソコンを起動してメールを確認していると・・・
「2019年度 冬季賞与の支給額」に関するメールがきていました。

少し前の投稿にあった通り、個人査定はプラス評価になっており、あとは会社の業績による支給基準結果で賞与額が決定する状況でした。

羽生パロフです。 楽しみな冬賞与(ボーナス)支給の時期が迫ってきました。

賞与明細を確認すると「2.65ヵ月」の支給になっており、支給額は約85万円でした^^

※諸事情により金額の末端部分はモザイクをかけております。
 悪しからず、ご了承の程お願い致します。

先日、経団連から発表された賞与に関するニュースの内容から自社の支給額も微増すると見ておりましたが、当初の予想通り増額でホッとしました。

経団連は14日、大企業が支給する冬の賞与(ボーナス)の第1回集計をまとめた。平均妥結額は96万4543円となり、前年比で1.49%増えた。主に春先までの堅調な企業業績を反映し、2年連続で過去最高を更

大企業ではないので上記のニュースほどの支給はないのですが、無職期間が数年あった自分のキャリアから考えると十分な額で満足です。

今回の賞与をすぐに使う予定はないので、株価暴落時の投資資金として確保しておきたいと思います。
本音としては、すぐに資産運用に回したいのですが、iDeCo‎・積立NISA25年分で必要な資金が約1,300万円・・・
現在の余裕資金がギリギリの金額で、投資期間を延長すると足りなくなる状況です。
焦った投資をしたくないので、余裕を持った投資ができるように貯蓄に回しておきたいと思います。

変動額が大きい賞与支給額がハッキリしたので、2019年度の総支給額を概算で計算してみましたが、年間収入はおそらく650万前後になりそうです。
来年4月に昇給して基本給が上がれば目標の700万台に近付きそうですが・・・ (-ω-;)ウーン
今のところ何とも言えないですね。
まずは資格の取得を優先して、あとは基本給増の吉報を待つ状況にしたいと思います。

■将棋ウォーズ一人感想戦

昨日は2勝1敗。
3局目の将棋が内容が悪かったので、簡単に振り返っておきたいと思います。
相手は三段の方。私の先手で戦型は角換わり腰掛銀。

私の苦手な序盤で早くも形勢を損ねてしまい、非常に苦しい局面が続き上図の局面に。

上図以下の指し手
△3七歩▲2九金△1七飛成▲4六桂△同角

▲2九金に△1七飛成が疑問手。
△1六飛成であれば▲4六桂に△同竜とした手が金桂両取りとなり先手は指しようがありませんでした。
上図の局面、形勢は互角に戻っており、先手に千載一遇のチャンスが巡ってきました。

上図以下の指し手
▲7七玉△8五歩▲9七銀△4四桂▲5六歩△3八歩成

▲7七玉が悪手でせっかくのチャンスを逃す結果になりました。
△4四桂と3三角の利きを止められ困りました。
銀を使うと戦力不足に陥るため▲5六歩としましたが△3八歩成で竜筋を通され粘れなくなりました。
▲7七玉のところでは▲4七金、もしくは▲4七歩といった手であれば互角の形勢を維持できました。
後手の4六角が好位置にいるので先手はこの位置から角をどかすことが急務でした。

対局中、チャンスがきたのではないかと感じていたのですが、正着を見つける事ができず悔しい敗戦となりました。

切り替えて頑張りたいと思います(`・ω・´)

The following two tabs change content below.
habuparov
会社での出世を目指し、毎日奔走しながら働く地方住まいのサラリーマン。仕事のことから趣味の将棋のことまで気まぐれに書いています。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

下をクリックして応援いただけると幸いです。宜しくお願い致します。。

本文2
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク