投稿タイトル上

【仕事始め】大きなトラブルなく2020年スタート

羽生パロフです。

1月6日(月)仕事始めを迎え、2020年がスタートしました。

■仕事始め

長期連休明けはいろいろトラブルが起きやすいのですが、今回は特に大きなトラブルなく初日を終えることができました。
年明け初日ということで通常業務はほとんどなく、12月分の月次資料作成と1月のスケジュール調整、プレゼン資料の作成…など事前に前倒しできる作業で1日が終わりました。
週末に他社の重役の方にプレゼンを行う予定が入っているので、今週はそれに向けた準備・対応で忙しくなりそうです。
将棋の経験を生かし、先を予想して前倒しの準備・対応をしていきたいと思います(`・ω・´)

■ニュース雑感

通勤時、日課の経済ニュース閲覧の中でいくつか気になる内容がありましたので簡単に纏めておきたいと思います。

●退職代行サービス

昨日くらいから退職代行のニュースを見る機会が多くなってきました。

「退職代行」の予約が、仕事始めとなる1月6日に殺到しているという。ほぼ満杯の状態で、弁護士を増員して対応する予定だという法律事務所も。とくに「新年始業の8時〜9時台に連絡してほしい」という依頼が多いと弁護士

仕事始め1月6日の退職代行予約が埋まっているというもの。
私のイメージでは12月の冬季ボーナスを貰ってから退職する人が多い印象があったので、年明け1月に予約が埋まっているというのは意外な印象でした。
幸い、私の部署ではそのような申し出がなかったのでホッとしています(;^ω^)
このようなサービスの需要が増えているというのは嫌なことですが、それだけ環境の悪い職場が多いということですよね。
私がそういった環境を作らないように気を付けたいなと思いました。

●大発会の日経平均は大幅安
年明け最初の取引となる『大発会』を迎えた東京株式市場は、下落幅が一時500円を超える大幅安でスタートしました。
米イランの対立激化を懸念した売りが多く入ったようですが、なんとなく早い段階で収束に向かう気がしています。
今までの動きを見ていると、トランプ大統領は株価が高値近辺にあるときに中国やイランに仕掛ける傾向があります。
経済に大きな影響が出ない範囲で仕掛け、結果として大統領選に向けて結果を出しつつ株価も最高値を更新させています。
大統領選が迫ってきているので、今回も上記のような流れで収束させそうな気がします。
まぁ私の予想はよく外れるのですが…明日以降どうなるかな

●ゴーン被告 不法出国
今日は何と言ってもこのニュース。
黙っているタイプではないので何かしら動きがあるとは思っていましたが、まさか警備の穴を付いて出国するとは…
空港の警備が緩すぎて驚きましたΣ(゚ω゚)
違法薬物や拳銃といった小さいものではなく、人間が検査をすり抜けて出国というのはいかんでしょ。
関与した空港関係者はどう思っているのだろうか?
オリンピックイヤーで出入国者が多くなるので、対策の強化をお願いしたいところです。

■将棋ウォーズ結果

五段昇段翌日の対局ということで緊張しましたが、結果は3連勝^^
ただ中盤での時間切れ勝ちが2局ということで、相変わらず実力ではなく運よく勝てている状況です。
唯一、終盤までいった一局を振り返っておきたいと思います。

相手は四段の方。戦型は私の後手番で四間飛車穴熊対左美濃急戦。

上図から▲7八飛△7五歩で開戦。

数手進み以下の局面に。

上図以下の指し手
▲7二角成△同金▲6七銀△7一歩▲7二飛成△同歩▲7一飛△7三桂▲9一飛成△9九角成▲6二歩

▲6七銀に△7一歩が最善ではなかったように思います。
▲7二飛成を軽視していました。
このタイミングで切って来られると思ってなかったので慌てました。
この手があるのであれば△7一歩に代えて△7三桂の方が良かったです。
本譜の進行で後手が悪くなったわけではないのですが、攻めか守りか判断が難しく方針が定まりにくい将棋にしてしまいました。
上図の局面で△3三馬と受け重視で戦えばよかったのですが、本譜は棋風に合わせて△8九馬から攻め合いを挑んでしまいました。
穴熊相手に無謀な選択で、案の定このあと形勢を悪くしました。

苦しい状況のまま終盤戦に。

上図以下の指し手
▲4五桂△9九角成▲3二竜△同玉▲5三桂成△8九飛打▲5九金打△3六歩

▲4五桂が悪手。
△9九角成と馬を作った局面、2枚の馬が強力で後手が負けにくい形になりました。
▲4五桂のところでは▲4五銀で馬を剥がされていれば後手敗勢でした。
▲4五銀以下変化の一例として△同馬▲同香△3一金打▲3二竜で△同玉は▲3四金、△同金は▲4一角で後手陣が決壊していました。
△9九角成とした局面、次に△3一金打で竜を捕獲されるため、先手は▲3二竜と切り、小駒で攻めを繋ぎにきましたが2枚の馬の利きが強力で、後手陣がかなり余裕のある状況になりました。
本譜はこのあと順当に押し切ることができ、無事に勝つ事ができました。

相手の方がしっかりした将棋を指されていて、どちらが上位者か分からない内容でしたが、なんとか勝てて良かったです(;’∀’)

五段昇段後は4連勝と好成績ですが、達成率は微増の28%・・・
当然ながら達成率が上がるペースはガクンと落ちています。
この進捗率から予想するに、1回でも負けてしまうと達成率は大幅ダウンするということですよね・・・(´;ω;`)キビシイ…
まずは降段回避に全力を注ぎたいと思います。

The following two tabs change content below.
habuparov
会社での出世を目指し、毎日奔走しながら働く地方住まいのサラリーマン。仕事のことから趣味の将棋のことまで気まぐれに書いています。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

下をクリックして応援いただけると幸いです。宜しくお願い致します。。

本文2
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク