投稿タイトル上

『中飛車粉砕! 超速▲3七銀戦法のすべて』レビュー

羽生パロフです。

『中飛車粉砕! 超速▲3七銀戦法のすべて』を読み終えたので、本書のレビューを書きたいと思います。

本書は中飛車に手を焼いている方に必読の内容でした。

中飛車粉砕! 超速▲3七銀戦法のすべて【概要】

著者は序盤戦術に精通している長岡裕也五段。

長岡研究ノートなど、振り飛車をテーマにした書籍を数点出版されており、今回は対中飛車で一番指されている超速がテーマの書籍。

図面の掲載などは控えさせていただきますが、内容は著者の性格が垣間見える詳細な解説が記載された良書でした。

おそらく、ページが許せばもっと掘り下げて書きたかったのだろうな~と感じました。

それくらい1手1手の僅かな変化が掲載されています。

本書の対象棋力

おそらく三段以上の棋力がないと本書の超速を扱うのは難しいと思います。

かなり際どい変化が紹介されており、本書を読まなければ選択できないような怖い変化がけっこうあります(^^;)

これにて優勢…と打ち切られている局面で、けっこう難しそうな局面がチラホラあったので、二段以下の方には厳しい内容に感じました。

本書の構成

本書は4部構成に分かれています。

第1章 超速▲3七銀に進むまで

第2章 後手急戦型

第3章 後手美濃囲い型

第4章 後手△4四銀型

第1章と第2章は超速の根幹となる▲4六銀に組み上がる前に中飛車側から動いてくる変化が記載されています。

この対策を知っていないと超速が発動する前に潰されるので、超速を指すのであれば必ず知っておかなければいけない内容です。

第3章と第4章は中飛車が待機策をとった場合の指し方、超速が発動する変化が記載されています。

超速は急戦なので、穴熊のような持久戦と違い1手1手が濃密です。

うっかり誤った手を指すと瓦解してしまうので、しっかり把握しておく必要があります。

本書の良いところ

細かい変化もきっちり説明してくれています。

考えられる変化が3~4通りある場合でも全て記載してくれています。

途中図・参考図が多く、1ページあたり2つの図面が掲載してくれていました。

急戦の棋書らしく終盤の際どい変化も紹介してくれています。

詳細な図は掲載できないのですが、船囲いの形から▲6八金と上がり、最終盤に横からの攻めに対し▲8九玉として手を稼ぐテクニックが初見で勉強になりました。

場合によって▲6八銀ではなく▲6八金と囲う。その真意は・・・

▲6八金とすることで最終盤で▲8九玉と手を稼ぐことができる

まとめ

中飛車対策が定まっていない私にとっては良書でした。

有段者向け(初段~二段には難しいかも…)の内容なので読み手は限られる気がしています。

理解できなくても超速の概要が掴めるかも…といった類の棋書ではなく、研究内容の紹介みたいな感じで理解できる方は参考にどうぞ、といったスタンスの本に感じます。

私は非常に参考になり有難い内容でしたが、三段未満の方には紹介しづらい内容でした。

個人的に残念に感じたことが1点ありました。

急戦の棋書で必ず書かれている後手番での指し方。

本書は超速が先手番の内容しか記載されておらず、後手番だった時の対策が一切ありませんでした。

上記に記載した通り、かなり際どい変化が多く紹介されていたのですが、おそらく後手番では悪くなる変化ばかりだと思います。

読み終えたばかりなので検討できておりませんが、おそらく本書の半分以上は後手番ではボツになる気が・・・

1手の違いが大きな差を生む急戦において、後手番の対策がないのは致命的なので、ここが未記載だったのが残念なところでした。(生意気なことを言って申し訳ございません)

超速は中飛車に対する現在最有力の対策だと思っているので、この棋書は高段者・もしくは三段~四段を目指したいと思っている方には良書となるハズです。

参考になる変化が多く紹介されているので一読の価値ありです。

The following two tabs change content below.
habuparov
会社での出世を目指し、毎日奔走しながら働く地方住まいのサラリーマン。仕事のことから趣味の将棋のことまで気まぐれに書いています。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

下をクリックして応援いただけると幸いです。宜しくお願い致します。。

本文2
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク