投稿タイトル上

アップル・マイクロソフトに続きアマゾンも最高値更新!

米国のビック4が絶好調ですね。(アップル・マイクロソフト・アマゾン・グーグル)
残念ながらファイスブックは不調なので今回は除外。

好決算を受け、30日の米株式市場の時間外取引ではアマゾンの株価が一時13%急騰する場面があった。時価総額は一時、1兆ドルを越えた。

【ニューヨーク=高橋そら】米アマゾン・ドット・コムが30日発表した2019年10~12月期決算は、純利益が前年同期比8%増の32億6800万ドル(約3500億円)だった。増益は2四半期ぶり。営業利益

先日行われたアップル・マイクロソフトの好決算に続き、アマゾンの決算も素晴らしい内容で株価がPTS(夜間取引)で最高値を更新しました。
世界最高レベルの大企業でありながら成長が一向に衰えることない状態。
将棋で例えると昨年の渡辺三冠のような手の付けられないレベルに入っています。

アップル株は2018年末の暴落の時に購入を検討していたし、アマゾン・グーグル株は購入して少しの値上がりで売却した経緯があっただけに少し後悔の念があります(゚ノω`゚)゚
超大企業でこれだけの成長率を記録するとは…
私は投資の資金が潤沢にある訳ではないので、市場に残り続けるためリスクの少ない取引をせざる得なかったのですが、もう少し突っ込んでいても良かったかな (~ヘ~;)ウーン

個人的に今回のアップル・マイクロソフト・アマゾンの決算は投資方針を再考させられる内容となりました。
株式投資は難しい…

■月末の仕事はシステムトラブルに見舞われる
1月最終日、一番忙しくなる日にシステムトラブルに見舞われるアクシデントが発生しました。
これにより処理が滞り、昼食休憩を取ることが出来なくなりました(´;ω;`)
よりによってピークの日にトラブルが起きるとは…orz
夕方頃に休憩が取れる予定ですが、すぐに業務復帰しなければいけなくなりそうです(泣)

The following two tabs change content below.
habuparov
会社での出世を目指し、毎日奔走しながら働く地方住まいのサラリーマン。仕事のことから趣味の将棋のことまで気まぐれに書いています。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

下をクリックして応援いただけると幸いです。宜しくお願い致します。。

本文2
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク