投稿タイトル上

目標の達成率50%に到達!

2月4日(火)の対局で今週の目標にしていた達成率50%台に到達することができました^^

偶然かもしれませんが、年明けから詰将棋と将棋本を2冊読んだことで技術力やモチベーションが上がって好結果に繋がったような気がします。
昨年は詰将棋も将棋本を読むこともしなかったので…(汗)
達成率50%に到達することで、連敗して降段の危機を迎える心配はなくなったと思うので、一先ずホッとしました。
少しずつ地力を付けて達成率を上げていきたいなと思います(`・ω・´)

達成率50%に到達した対局を簡単に振り返っておきたいと思います。

相手は三段の方。戦型は私の後手番で、相掛かりの出だしになったのですが相手の動きを見て△4二玉~△5二玉と右玉に方向転換。

先手が積極的に動いてきたのですが、中住まいと▲4五歩の組み合わせが悪いので戦いになれば後手が有利になるのではないかと思っていました。

上図以下の指し手
▲4六飛△3三銀▲3四歩△2四銀▲同銀△同歩▲4四歩△同歩▲2六飛△3五銀▲2九飛△3六歩

決戦が起これば有利になるハズ…ということで△3三銀~△2四銀とコチラも積極的に迎撃。
銀交換した局面は先手玉のコビンが空いていることと桂頭に弱点を抱えているので後手が有利になったと思いました。
△3五銀と飛車を抑えて△3六歩とした上図の局面、桂得が確定し後手優勢。
この辺りは勝てる確率はかなり上がったなと思いました。

上図から数手進み、以下の局面に。

飛車を寄って銀に当てたところですが、ここは勝負所を迎えたと感じ、思い切って勝負を決めに行きました。

上図以下の指し手
△3八歩▲同飛△4七角▲6八玉△3八角成▲同金△8八歩

△3八歩~△4七角で強引に飛車を奪い、△8八歩と逃げ道封鎖の手筋が決まり後手勝勢になりました。
このあと先手に壁形を強要し、右辺から攻め込み勝ち切ることができました。

この将棋に関しては悪手なく指すことができ、なかなか良い感じに指せました^^

まだまだ実力不足で五段以上の方に勝つことが少なく、勉強しなければいけないことが山ほどあるのですが、地道に努力して次は達成率60%台を目指して頑張りたいと思います。

The following two tabs change content below.
habuparov
会社での出世を目指し、毎日奔走しながら働く地方住まいのサラリーマン。仕事のことから趣味の将棋のことまで気まぐれに書いています。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

下をクリックして応援いただけると幸いです。宜しくお願い致します。。

本文2
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク