投稿タイトル上

勉強時間5時間で一発合格!日商PC検定データ活用3級

2月16日(日)に日商PC検定3級を受けてきました。

結果は件名の通り、一発合格を決める事ができましたv( ̄ー ̄)v

この資格の難易度は低く、持っていても自慢できる資格ではないので、当初は受ける予定ではありませんでした。
しかし、最近になって会社の昇進基準が変わり、資格の保有数を見られることになりました。
どの資格が対象になるのか調べていると、日商PC検定が推奨資格に含まれていることを知り、急遽受験するに至りました。

日商PC検定の概要

パソコンの資格で有名なのは「ITパスポート」ですが、これは難易度が高めで少し詳しい人向け。
今回受験した日商PC検定3級は「ITパスポート」に比べて易しく、PC初心者に毛の生えたレベルでした。
この試験は3分野あり、『①文書作成』『②データ活用』『③プレゼン資料』があります。
①はWord、②はExcel、③はPowerPoint。
私は通常業務でExcelを使ったデータ集計をすることが多いので、今回は『データ活用』を受けることにしました。

日商PC検定は知識問題と実技問題があり、合格するには両方で規定の点数以上を取る必要があります。
毎回、試験を受けるにあたり書籍を購入して難易度や問題の傾向などを調べて、勉強時間を割り出す作業をしなければいけませんが、この試験はありがたいことにサンプル問題が用意されているので、すぐに難易度や傾向を掴むことができました。

 日商PC検定3級のサンプル問題(プログラム)の提供を開始いたしました。本プログラムは文書作成、データ活用、プレゼン資料作成の3分野の実技科目が組み込まれており、実際の試験と同様に自動採点されます。ご…

サンプル問題を見たところ、すぐにでも受けれるな…と思いました。
3級に関して言えば、普段業務で扱っていることをそのまますれば大丈夫な内容でした。
ということで、思い立った当日(12日)に試験の申込を行いました。

試験の申込方法

試験会場は、商工会議所の認定した「商工会議所ネット試験施行機関」、と定められており詳細についてはHPで確認することができます↓

日本商工会議所および各地商工会議所が実施する検定試験の試験日・受付期間・実施場所を検索/表示するサイトです。

私が受験した試験会場は、普段パソコン教室を運営している場所でした。

試験までに勉強したこと

まず始めに上記のサンプル問題を見て、傾向を掴みました。
念の為、再度URLを貼っておきます。

 日商PC検定3級のサンプル問題(プログラム)の提供を開始いたしました。本プログラムは文書作成、データ活用、プレゼン資料作成の3分野の実技科目が組み込まれており、実際の試験と同様に自動採点されます。ご…

私は普段の業務でデータ抽出・集計を行い、業務量の予測を行っています。
今回、試験を受けることが決まってからは、業務には関係ないのですが意識してサンプル問題のような感じでデータを抽出・集計するように心がけました。
・・・
これだけです・・・(´・ω・`)
問題のレベルを見て、これでいけると思いました。
日々の業務でOfficeを使っている方はこれで3級は合格できると思います。
実技問題はグラフの作成方法・ピボットテーブルやフィルター・あとは基本的な関数(SUM・IF・VLOOKUP)が使えれば十分対応できます。
3級に関して言えば、このためだけに書籍を購入するのはもったいないと感じました。
確実に受かりたい方はテキストの購入をお奨めします。

試験開始

試験会場に着くと、申込用紙を出されるので名前・住所などを記入し、試験費用を支払い、受付が済みました。
その後、試験用のパソコンに案内され、画面にのっている注意事項を熟読し試験スタート。

問題はとても簡単です・・・
簡単なのですが・・・
・・・試験時間が短い!

データ活用3級のレベルMicrosoft®Excel®を用い、指示に従い正確かつ迅速に業務データベースを作成し、集計、分類、並べ替え、計算、グラフ作成等を行う。試験科目試験科目…

知識問題15分・実技問題30分。今まで受けた試験で一番短い試験時間かも…
じっくり読むと時間が足りなくなると感じたので、とりあえず出来るところをどんどん埋めていくことにしました。
幸い、見直す時間ができたのでギリギリまで見直し。
残り1分くらいになったところで「試験終了」のボタンをクリック。

・・・
『処理中。お待ちください』・・・
・・・
・・・(;´・ω・)
・・・
『合格』
(´⊙౪⊙)۶ッッッッィィィィイイイイヨッシャアアアアァァァァ!!!!
・・・
試験が終わると、スタッフの方が合格の用紙を印刷してくれました。

合格証が発行されるのは3週間~1ヵ月後ということで、今回は用紙を受け取って退館。
エビデンスがあれば会社への報告はOKなので、合格証はなくても大丈夫なのですが、せっかくなので受け取ることにしました。
合格証が発行されると電話をいただけるとのことで、後日改めて試験会場に取りに来ることになりました。

まとめ

日商PC検定データ活用3級はビジネスで使うExcelの基礎が問われる試験内容です。
難易度が低く、普通の方には知名度の低い試験なので資格を取ったところで、就活に役立つことはないのかなと思っています。
ただ個人的な感想としては、パソコンに詳しい人は評価する資格なのかなと思っています。
この資格がいくら簡単とは言っても、おそらくパソコンに疎い人は受からない内容なので私が就活で採用する側の立場であれば、この資格を保持している方にプラス評価をつけます。
今まで多くの社会人を見てきましたが、データ抽出・集計の基礎知識を身に付けている方は極一部で、データを使ったファイル編集を依頼しても間違っているケースが散見されましたので…
この資格を保有しているのであれば、誤ったデータができることはないと思うので、こういったところを評価すると思います。
事務職の方にとってはデータ抽出・集計の基礎知識は必須です。

上記に記載した通り難易度は低いので、会社からIT関連の資格取得を迫られ困っている方にはうってつけの資格だと思います。
書籍の購入は不要で、試験会場が空いていればいつでも受験可。
負担するのは試験費用だけで済むので忙しいサラリーマンに持って来いの資格です。

The following two tabs change content below.
habuparov
会社での出世を目指し、毎日奔走しながら働く地方住まいのサラリーマン。仕事のことから趣味の将棋のことまで気まぐれに書いています。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

下をクリックして応援いただけると幸いです。宜しくお願い致します。。

本文2
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク