投稿タイトル上

【悲報】世界同時株安 ダウ1,000ドル安の衝撃!

歴史的な一戦となった叡王戦 挑戦者決定戦の裏でそれは着々と進行していました・・・

新型コロナウイルスの影響で米国・欧州の先物が急落していました。
急落要因はイタリアで新型コロナウイルスが急増したことにより、アジアだけの問題でなくなったこととされています。

新型コロナウイルスの感染拡大はアジアのみならず、イタリアで5人が死亡するなど世界的に流行するとの懸念が広がっている。24日は韓国とイランでも感染者数が増えたほか、アフガニスタンやバーレーン、クウェート、イラクでも初の感染が報告された。

2月のはじめに新型コロナウイルスの影響で上海株式市場が急落した時、今回のような世界的な株安が起きると思っていたのですが、なぜか米国・欧州はあまり影響を受けず、それどころかダウ・ナスダック・S&Pは最高値を更新していました。

今回の報道を見ていると米国・欧州では新型コロナウイルスを深刻に捉えられておらず、感染リスクがないと思われていた感じでしたね。

2月前半はなぜ何もなかったかのように上げ続けているのだろう・・・と思っていましたが、こういうことだったのですねorz

私はゆっくり下げると考えていたので今回の下げ方は予想外で驚きました。
今回の急落は史上3番目の下げ幅という衝撃でした。

24日のニューヨーク株式市場は、新型コロナウイルスの感染拡大で世界経済への影響が深刻になるとの見方が強まり、ダウ平均株価…

2月中旬は米国主要指数が最高値を更新していたので半信半疑ながら数銘柄を購入しようと思っていました。
まとまった下げがありそうな気がしたので少し無理目の指値注文をしていたのですが、どれもギリギリ刺さらず購入できた銘柄は0でした…いやぁ~危なかった…命拾いしました(;´∀`)
もし数銘柄購入していたら追加注文ができなかったと思います。
今週、もう少し下げそうな気がするので様子を見て、上昇の兆しが見えれば購入を検討しようと思います。

本日、休場明けの日本市場は阿鼻叫喚ですな・・・もちろん様子見です

The following two tabs change content below.
habuparov
会社での出世を目指し、毎日奔走しながら働く地方住まいのサラリーマン。仕事のことから趣味の将棋のことまで気まぐれに書いています。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

下をクリックして応援いただけると幸いです。宜しくお願い致します。。

本文2
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク