投稿タイトル上

久しぶりの7二金型右玉

掲題の通り、今週の将棋ウォーズで久しぶりに7二金型右玉を指す機会がありました。

相手は四段の方。戦型は私の後手番で早繰り銀対7二金型右玉になりました。

早繰り銀 + 7八玉・6八金が最近のトレンドなのかな?
最近よく見る気がします。

上図以下の指し手
▲3四歩△4四銀▲4六銀△8四歩▲2四歩△同歩▲同飛△1四角

先手の右金が上がっていないことに着目して△1四角と打ってみました。
4七角成を見せていますが真の狙いは△2五歩~△2三金の飛車捕獲。

上図以下の指し手
▲2七飛△2六歩▲同飛△4七角成▲3七銀△3五銀▲2八飛△3六歩▲4八銀△4六馬

先手は▲2七飛と飛車を引きつつ4七の地点を守られたのですが、これが悪手で△2六歩と打って後手優勢の形勢となりました。
△2六歩に▲3七飛は△3六歩~△2七歩成で後手優勢。
本譜の▲同飛には△4七角成と馬を作ることができ、この変化も後手優勢。

本譜はこのあと数手で勝つことができました^^

本局はうまくカウンターがハマって勝つことができたのですが、正確に応対されると難しい形勢だったようです。

戻って△1四角と打ったところ、▲2七飛に代えて▲4八金△2五歩▲2二歩△2三金▲1四飛△同歩▲2一歩成であれば難しい将棋でした。
ただ、この変化は後手には飛車の打ち下ろしや7二金型右玉の切り札△8五桂・△6五桂が残っているので実戦的には後手もやれるのではないかと感じています・・・
相手が高段者だと余されそうな気もしていますが…(^^;)

本局は微妙な結果でしたが、条件が揃えば△1四角は絶好のカウンターになるのかもしれません。

皆様の参考になれば幸いです。

The following two tabs change content below.
habuparov
会社での出世を目指し、毎日奔走しながら働く地方住まいのサラリーマン。仕事のことから趣味の将棋のことまで気まぐれに書いています。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

下をクリックして応援いただけると幸いです。宜しくお願い致します。。

本文2
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク