投稿タイトル上

《竜王戦》羽生九段 切れ味抜群の寄せで決勝トーナメント進出!

4月3日(金)に竜王戦1組ランキング戦で羽生九段vs稲葉八段戦が行われ、結果は127手で羽生九段の勝ちとなりました。

日本将棋連盟の羽生善治九段が稲葉陽八段に勝利 竜王戦1組ランキング戦のページです。日本将棋連盟は伝統文化としての将棋の普及発展と技術向上や将棋を通じた交流親善などを目的とした公益社団法人です。

戦型は羽生九段の先手で角換わりの出だしから早繰り銀に。
終盤の入口辺りまでは難解なねじり合いで互角の形勢でしたが、稲葉八段の受け間違いから一気呵成の攻めで羽生九段が見事に寄せ切りました。

本局は羽生九段の積極的な指し手が随所に見られ、終始攻め続ける若々しい将棋でしたね。

2三に駒を何度も打ち込む手や123手目の▲8五飛、最終手の▲3三桂などカッコイイ手が何度も出て華やかでした^^

これで羽生九段は1組ランキング戦決勝進出となり、決勝トーナメントの切符を掴みました。
できれば挑戦権がグッと近付く1組優勝を目指したいところですが、相手は実力者の佐藤和俊七段。
今回の竜王戦で渡辺三冠、山崎八段、久保九段を破る快進撃で決勝進出を決めています。
難敵ですが、羽生九段にはなんとか1組優勝を決めていただきたいところです。

The following two tabs change content below.
habuparov
会社での出世を目指し、毎日奔走しながら働く地方住まいのサラリーマン。仕事のことから趣味の将棋のことまで気まぐれに書いています。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

下をクリックして応援いただけると幸いです。宜しくお願い致します。。

本文2
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク