投稿タイトル上

米雇用統計 戦後最悪の失業率14.7%!

朝方に発表された4月度米雇用統計は戦後最悪の結果となりました。

米国では4月、労働市場が急激に悪化。非農業部門雇用者数は前月から2050万人減少し、失業率は前月の3倍余りとなる14.7%に上昇した。

米国では4月、労働市場が急激に悪化。非農業部門雇用者数は前月から2050万人減少し、失業率は前月の3倍余りとなる14.7%に上昇した。

雇用者数・失業率の市場予想(2,150万人減・16%程度)ほど悪くなかったとはいえ、散々たる結果でしたね。

今回発表された雇用者数・失業率がどれほど悪い結果かと言うと、ここ10年ほどの好景気で創出された雇用が1ヵ月で消失したレベルです。

リーマンショックなどが霞むほど酷い惨状となっています。

引用元:Investing.com

上記の通り、戦後最悪の数字が出たのですが、なぜか株価は上昇・・・

【NQNニューヨーク=岩本貴子】8日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸した。前日比455ドル43セント(1.9%)高の2万4331ドル32セントとほぼこの日の高値で終えた。新型コロナウイルスの発

株価は半年先を見据えて動くと言われていますが、直近10年分の消失した雇用が半年ほどで元に戻るイメージがまったく湧きません…(-ω-;)

ホントに織り込み済みなのでしょうか?

3月末の底値まで落ちるイメージも湧きませんが、今の株価は明らかに異常でバブルの様相を帯び始めている気がします。

動くに動けない状況なので淡々とS&P500を積み立てるのみですが、何が起こっても慌てないようにしていきたいと思います(`・ω・´)

The following two tabs change content below.
habuparov
会社での出世を目指し、毎日奔走しながら働く地方住まいのサラリーマン。仕事のことから趣味の将棋のことまで気まぐれに書いています。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

下をクリックして応援いただけると幸いです。宜しくお願い致します。。

本文2
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク