投稿タイトル上

バフェット氏 航空株に続き、銀行株を一部売却

今週は他グループのフォローに回る為、月~金はすべて出勤となってしまいました(´;ω;`)

業務量が多くなったこともあり、いつもより早くに出勤し、夜も遅くまで残業となってしまい、4月よりも勤務時間が増加することに…

世間の動きとは真逆の方向に進んでいて唖然としています。
コロナウィルスがキッカケで働き方を柔軟に変えている企業が多い中、旧来の進め方のままで時代に取り残されないか心配です…

通常出勤に戻りましたが、引き続き通勤中は経済情報収集をしています。
最近の米国市場はバブルの様相を呈している感があり、購入しづらい状況なのですが、その中で金融系の銘柄が割安水準に落ちてきているなと思っていました。

金融関連は典型的な景気敏感株なので今の市場環境で割安水準なのは当然なのですが、今の株価であれば2番底が来ても長期保有をしていれば十分元が取れそうに見えました。

金融系は詳しくないので個別ではなくETFで購入しようと思い、いろいろ情報収集していたのですが…
思わぬところからニュースが入ってきました。

【ニューヨーク=宮本岳則】著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる米投資会社バークシャー・ハザウェイが保有銘柄の見直しに動いている。米大手地銀USバンコープ株を一部手放したことが13日、明らかになっ

バフェット氏、銀行株を一部売却の衝撃ニュース。

バークシャー・ハザウェイのセクター別ポートフォリオは金融系が約40%を占めており、バフェット氏はかなり自信を持っているセクターと思っていました。
私が今回、金融系の株を購入しようと思った理由の一つが上記だったので、銀行株の一部売却はちょっとショックでした。

先日、航空株をすべて売却したニュースがあったばかりで、その時も数日前に一部売却がありました。

【ニューヨーク=宮本岳則、伴百江】著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる米バークシャー・ハザウェイは2日、年次株主総会を開いた。バフェット氏は新型コロナウイルスの感染拡大によって「世界が変わる」と

米国では株式10%以上を保有した際、米証券取引委員会に売買報告の義務が発生するため、事前に航空株を一部売却していたと言われています。

金融系はバークシャー・ハザウェイ保有株の約40%なので、今回はすべて売却することはないと思いますし、我々が想像できないようなことをしてきたバフェット氏であれば、一部売却のニュースを流すことで意図的に株価を落として再度買い増すための作戦である可能性もあります。

真意の程は定かではありませんが…非常に買いづらい状況になりました。

14日の米国市場は乱高下したこともあり、結局なにもできずに終わりました…くぅぅ

こういうときに買いに向かえる胆力が欲しい

■14日の自主学習
1.詰将棋…詰パラ20問
2.実戦…将棋ウォーズで3局。結果は2勝1敗。
あまり内容が良くなく達成率は微減…orz
しばらくは苦しい状況が続く見込みですが、なんとか踏ん張りたいところです。
3.経済情報収集…経済サイト閲覧。

最近は残業続きで纏まった時間を取ることができず、Python学習が停滞中…
休日はPython学習を中心に進め、今週の遅れを取り戻したいところです(`・ω・´)

The following two tabs change content below.
habuparov
会社での出世を目指し、毎日奔走しながら働く地方住まいのサラリーマン。仕事のことから趣味の将棋のことまで気まぐれに書いています。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

下をクリックして応援いただけると幸いです。宜しくお願い致します。。

本文2
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク