投稿タイトル上

バフェット氏、ゴールドマン株の大半を売却!2番底を察知か?

16日(土)早朝に驚きのニュースが入ってきました。

著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる投資会社バークシャー・ハザウェイが保有銘柄の見直しに動いている。保有するゴールドマン・サックス株の8割を3月末までに売却していたことが15日、明らかになった。

【ニューヨーク=宮本岳則】著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる投資会社バークシャー・ハザウェイが保有銘柄の見直しに動いている。保有するゴールドマン・サックス株の8割を3月末までに売却していたこと

驚きのニュースでした。

バフェット氏は米経済の成長に「強気」を示しており、銀行株を好んでいました。
それが、まさかの銀行株の大半を売却…

今回のコロナショックで銀行株から撤退したということは、直近で大きな暴落が来ると読まれれたということですよね…

少しの急落や短期の急落であれば確実に保持していたハズ…
にも関わらず手放したということは、普通に考えると銀行株は長期で低迷、もしくは近いうちに大きな暴落が来るから手放した…ということになりますよね

最近の相場は実体経済とはかけ離れた動きをしていたので何か起きそうとは思っていましたが、まさかバークシャー・ハザウェイが銀行株の大半を手放すとは・・・

バフェット氏がすべて正しいことをする訳ではないので、読み通りにいかない可能性も十分あるのですが、過去の実績が偉大すぎるので今回の売却は市場に大きな影響を与えそうですね。

投資歴の浅い自分は生き残ることだけを考えるのみなので、焦って動かないように心がけたいと思います(`・ω・´)

The following two tabs change content below.
habuparov
会社での出世を目指し、毎日奔走しながら働く地方住まいのサラリーマン。仕事のことから趣味の将棋のことまで気まぐれに書いています。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

下をクリックして応援いただけると幸いです。宜しくお願い致します。。

本文2
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク