投稿タイトル上

《夏季賞与》査定は前期と変更なしのプラス評価

18日(月)、私の勤め先では夏季賞与査定のフィードバック面談が行われました。

結果は前期と同じでプラス評価^^
基準額に数パーセント上乗せされた額になります。
前期の賞与額は85万ほどでしたが、さすがに今期は大幅減額が見込まれるので厳しい額になると思われます。
世界同時不況に突入しているので賞与が出るだけ感謝なので、ありがたく頂戴したいと思います。

賞与に関しては冬季も厳しくなるハズですので、しばらくは賞与をあてにした資産運用をしないように気をつけないといけないですね(-_-;)
来月支給予定ですが、あまり気にせず振り込まれるのを待ちたいと思います。

査定の詳細な内容については、処理件数が他者に比べて良かったことと社内PCのリプレースを大きな問題なく終えれたことがプラス評価に大きく寄与していたようです。
ただ、業務の幅を広げたことでミスが多くなったこともあり調整が入ったので優秀評価とはいきませんでした(´;ω;`)

賞与を頂けるだけで有難いお話しなので特に文句を言う事はないのですが、日本企業の査定におけるミス=マイナス評価というのは、どうにかならないものですかね?
この評価基準が社会全体に良い影響を与えるように思えないです。

むしろ、この評価基準のせいで新規事業に挑戦しようとする人が年々少なくなって衰退していっているように感じます。
何も挑戦しなくなるので、若手社員は言われたことだけをするようになりますし、定年が見えてきた人は波風を立たせないように無難な対応ばかりで全くイノベーションが起こる環境になっていません。
この評価基準によってイノベーションが起こりづらくなるというのは少し考えれば分かりそうなものですが…将棋のように先を読めないのかな?

平社員の自分と人には話せない裏事情を知っている管理職では違った判断になるのかもしれませんが、もし自分が管理職になれたときには、こういった環境を少しでも変えたいなぁと思っています。

■18日の自主学習
1.詰将棋…詰パラ20問
2.実戦…将棋ウォーズで3局。結果は3連勝。
対戦相手が三段の方と2局、二段の方と1局だったので達成率は微増で40%台半ば。
対戦相手はタイミング次第なのですが、できれば1日に一局くらいは高段者の方と当たりたいところです。
3.経済情報収集…経済サイト閲覧。

将棋ウォーズの方はできれば今週中に1回は達成率50%台に乗せてみたいところです。
明日も頑張ります^^

The following two tabs change content below.
habuparov
会社での出世を目指し、毎日奔走しながら働く地方住まいのサラリーマン。仕事のことから趣味の将棋のことまで気まぐれに書いています。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

下をクリックして応援いただけると幸いです。宜しくお願い致します。。

本文2
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク